てなわけでばけらった

自由自在の着物遊び人、紀子ねーさん。
目指すお姿です。

昨日は、ねーさんちに集まって、バービーカフェ&オードリーに変身大会。

ねーさんのコレクションバービーがお出迎え。
いったい何人いるのか?



これだけじゃなくて、奥の飾り棚の中にも、窓の上にもわらわらと。
これだけ集まると、もう目が怖いとか、そんなんじゃなくて、笑えてきちゃいます。

みんなで持ち寄りのランチタイム。



変身する人しない人、ねーさん、メイク担当の妹さん(絹子さん)、合わせて12人。持ってきたものが全く被ることないのもすごいけど、食べきれないほどってのもかなりすごい(笑)。

順番に変身していくので集合写真がないのが残念ですが、7人のオードリーが生まれました。

皆さんそれぞれの骨格に合わせて、絹子さんがメイクをしていくと、あーら不思議、誰もがオードリーになれちゃう。

で、あたし。



久しぶりに首出し。最近髪が伸びて、外寒いからまとめないでざんばらしておくとあったかくて。
お団子はヘアピースで盛り盛りです。

いろんなあたくし。



実は、メイクもそんなに盛りっとしてなくて、目が重点。つけまとアイラインですね。
そのアイメイクができないから、いつも寝ぼけたおばさんなわけですが、やはり、ここぞという時にはアイメイクできたほうがいいなぁ。
なぜならば、年寄りになるとまぶたが重くなってきて、目の開き具合が小さくなり、顔が薄ぼんやりしてくるのです。(当社比による実感。)
まあ、平日のお仕事中は座敷わらしなので薄ぼんやりでちょうどいいくらいですが。

昨年春から初夏にかけてのインド人にばけらった以来の変身でした。やはりときどき、違う自分に会いに行く時間は必要かも。


誰もやらなそうなこと

職場でも、私生活でも、ちょっと人のやらないこととか盲点みたいなところを探すのが好きです。

今日も、職場のデータでかねてから気になっていたところを、突っ込んで調べてみました。
すると、ボロがボロボロ出てきて、面白くてやめられなくなっちゃった。
破綻はしていないけれど、絞り込みがきくようになるので、もしかしたら問題に蓋をできるんじゃないかなぁ。

私生活では、クリエイティブなお友だちが増えてきて、自分にそういう才能がないことを思い知って凹むかと思いきや、ないなら無いことを楽しめることがわかってきました。
そして、身に付けたり持ち歩いて広告塔になっちゃえばいいなぁと思ってます。


誰にもできそうで、でも、やらなそうなこと、が案外暮らしのスパイスなのかも。




よもぎ尽くしの1日

今日はお休みをいただき、秋津のカフェギャラリー縁へ行ってきました。



染めの晴恵先生企画で、よもぎ染め、よもぎ蒸し、よもぎ御膳と、よもぎをフルに楽しめる会です。

晴恵先生とは昨年9月の奄美大島行き以来ですね。

最初はよもぎ蒸しから。
山梨でサロンを営む理恵さんのご指導で、よもぎ蒸し突入!

トータルビューティーサロンLien



マントの中でもぞもぞと姿勢を変えながら、全身によもぎの蒸気を浴びて、あったまります。
冬に蒸されるのも気持ちいいんだけど、真夏の冷房にやられたカラダにもとても効果があります。
一家に1台、欲しいなぁ…。

約1時間、蒸し上がってぼーとしてるまま、染め作業に突入です。
たまたまですが、今回は二品染めてどちらもシルク製品です。アームウォーマーとふんどしパンティー。(ご興味あれば、個別に写真お送りしますよ(笑))
シルクは、セリシンを落とすという下ごしらえをするかしないかで染まり具合が変わるということだったので、アームウォーマーは下処理をしてみました。確かに染料のはいりかたが違いますね。



染めに使ったのは、実は先ほどのよもぎ蒸しで使った生薬パックです。よもぎだけではなく、当帰とか陳皮とかはいってて、飲んでもいいらしいです。

そして、作業を終えたら、せつこさんの薬膳よもぎ尽くし御膳!
こちらも山梨からお越しで、朝到着後からの短時間で用意してくださいました。



どのお料理にもよもぎパウダーを使ってあります。
でも、ほんのり苦味があるかな?という程度で、言われなかったらきっと気づかないくらい、隠し味っぽい使われ方でした。
こんなに食べられるのか?と思いましたが、よもぎ蒸しも体力使うし、染め物も結構力仕事だし、ぺろり。

目にも体にも舌にも楽しい1日過ごすことができました。
ああ、次は山梨によもぎ蒸し&ご飯ツアーに行きたいな。

ん?企画しろ?
ええ、もちろん、わたしでできることなら使ってください。
なんたって『えりぬきクイーンメーカー』ですから、楽しい上に美しくなれるお手伝いならお手のもの!(でっかく出たな、おい←ぢぶん。)

統合される喜び

昨晩は、初めましての友美さんのご自宅に伺い、とあるマッサージを受けてきました。
目下このかたが資格を取るための経験を積んでいる期間で、モニターとして受けることになったのです。
そのマッサージとは、エサレンボディワーク。

エサレンについては、数年前に知り合った信頼するお友だちの書き込みで何度か触れていて、とても興味がありました。
そのお友だちから受ければいいじゃん、と思うでしょ?でも彼女は助産院で施術してるので、チャンスがなかったのです。

実際にそれがどのようなものなのかはちゃんと調べたことがありません。
今回も調べないまま行きました。

施術前の15分のコミュニケーションタイム。
約90分の施術。
終了後、お茶をいただきながらのフィードバックタイム。

すべての時間を通じて、今ここにあること、を深く意識することになりました。

施術の最初、うつぶせになった右半身をふるふるふると揺すぶったのち、首から下のロングストロークで擦ってもらったときの衝撃を忘れられません。
右側だけがしっかりと身の詰まった充実感で満たされているのに、何もしてもらってない左半身は、どこか遠くにある、自分ではない何者かがそこにあるような不安な存在なのです。

すぐ次に、同じように左側も揺すってからのロングストロークで、左右がほぼ同じになりました。

ああ、自分が戻ってきた。
月並みですが、そう感じました。
あとは、友美さんの手の中で、ゆっくりと。
時間や温度やオイルの感触や香りを楽しみながら、自分の中にいる小さい人(おっさんではない)の姿を探したり、話しかけたり。

先日受けたアクセスバーズがこれの頭版と言っていいかもしれません。
こういうものに出会える、ということは、今必要だから、なんだろうな、と思いました。
自分ではいま、とても困ったり悩んだりしていることはないと感じているものの、小さい疑問や課題は無数にあるはずだし、それらは無視して通り過ぎることのできないものです。

わたしがいまここにいること。
この体の中に心の居場所があり、はみ出すことなく納まること。
それを感じることのできた時間でした。

そして、この統合感こそがエサレンボディワークの目指すところであり、施術の前に友美さんはなにも言わなかったのにそのことを感じ取れた自分が、なかなかのもんだぞ、と思いました。


最後に引かせていただいた、エサレンのオラクルカード。




遊んでいいんだって。
え?これ以上?なんて言わないで。
まだまだ。


友美さんのサロンはこちら。

心と身体の和みサロン sora・宙

がんばれ受験生

うちのそばに、私立の中学~大学までの学園があります。
そこはいま中学受験のまっただなか。
何を隠そう、うちの下の子どももこの学校を受験しました。他校に通いましたが、受けるからにはここに通うのもあり、という覚悟での学校選定です。

首都圏の中学受験は、2月1日から始まっています。毎日決まった子から抜けていく、あるいはさらにハイレベル校を受ける、など、今日も試験を受けているお子さんは、根性かなりあると思うな。


そして、その受験生をお迎えする在校生。
駅の改札を出たところで、学校のプラカードを掲げて立っています。
朝早く、冷え込むなかをじっと立っているのは、からだが冷えてたまらないでしょう。
でも、そんな在校生の姿が、受験生には憧れなんです。


娘の受験から15年。息子は13年。
月日のたつのは、早すぎます。

いろんなことを思い出した朝でした。
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR