夏至の後の新月瞑想会

じわりと暑さが包み込む土曜、前回の新月以来の瞑想会です。




夏至の日、各地で大雨や風などで、交通機関が乱れましたね。
2017年前半に起こったあれやこれやを思い起こしながら、せめてこの雨がいろいろ流してくれたらなぁ、と思っていました。
実際には、たいしたことは起きていないのですが、心の中はいつでも混沌としていて、道を失いそうになるといちばん底にいるものが手をのばして『こっち』と引っ張ってくれる、そんな毎日。

今回の瞑想会は、休息がテーマなので、底のものを休めてあげられるのかな?と思いました。

ゆらぐろうそくの灯りをまぶたの向こうに感じながら、息を整えて向き合っていきます。
天の光、地の塩。
つながる安定感。
行きたいところ。
会いたいひと。

途中、セージやラベンダー、ローズ、シナモン、と幾種類ものハーブを焚いて、香り高い煙に包まれると、その香りに結び付く記憶が、ぽこぽこっと浮かび上がってきます。
より強いのは、ラベンダーにまつわる記憶。ラベンダーそのものもですが、ラベンダー咲く地での思い出が、思い出せないくらい久しぶりに思い起こされました。

シナモンの香りは、紅茶にいれたときなどよりももっと甘さが強く、こんなにパワーあふれるとは知りませんでした。きっとこの香りも、この会の記憶と共に残るのだと思います。

光のエネルギーが自分のなかにチャージされて、いっぱいになっても降り注ぐ光は止まず、どんどんあふれだしていきます。
持ちきれなくて、飲み込めなくて、手のひらや耳(ここは、笑うとこじゃないよ!)から、どんどん吹き出して、もう止まらないので、そのままこっちに戻ってきました。

瞑想後は、恒例。
スイーツをいただきながらのカード引き。
OSHOカードです。



愚者のカード。
騙されても裏切られても信じることしかできない愚者。
目端の利く人でなく、あたしは愚者でいい、と思っています。
愚者を哀れんで助けたり力を貸してくれる人がきっといるから。


それとは反対に。

光があふれ始めた頃からずっと、『抱き締めて』という声が聞こえていました。
どこのだれだかわからないので、探しに行かなくちゃね、と言うと、魔女てぃあらさんはこともなげに、「向こうから来ると上が言っている」と。
では、待ってみようか。
必要ならばこの手を役立てて欲しいので。


魂の休息は、こんな風に与えてやらないといけないのだな、と今回は強く感じました。
底のものがまだ静かに眠っています。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR