支える音

昨日は、例によって、米蔵にお籠りしてました。

しらべの蔵

相方のハモニカ吹きマッキーとの練習ですが、その前にちょっと、ピアノについて語りたい。

3回目にして、ようやく、というか、バッハをきちんと弾いてみての感想です。

ピアノそのものが大きくないこと、場所が蔵サイズで小さいことから、とてもやわらかで優しい音がしているのは実感していました。
今回、9月にある自分のピアノ発表会で弾くバッハの楽譜を持ち込みました。
平均律第1集の最後のプレリュード。
とても美しい曲で、第1集の中では好き三本指に数えています。
左手低音部が川のように流れる上に、アルトとソプラノが絡み合うような右手が乗っかっています。
この、右手を二声で弾き分けるのがなかなか難しくて、またも半べそ期に突入しているのですが、こちらのベヒシュタインで弾くと、指の意図がすっと鍵盤に伝わるのがわかりました。
あ、つたない僅かな違いを拾ってくれている!(出せませんが一応録音もしており、自宅で確認したのでたぶん勘違いではないと思います。)
ベヒシュタインの特徴に、音の立ち上がりが早いことと減衰が短いことがあげられるそうですが、わたしが弾くバッハは、まさにそれをいちばん要求しているのではないかな、と感じます。
それだけに、ぼろがまったく隠せないわけで、弾けば弾いただけ悲しみ(笑)も襲ってくるのですが、それはそれで修業の足りなさを形にして示されているわけで、明日への糧になる、はずです。

さて、マッキーとは、さらに時の経った11月にデュオデビュー(笑)をめざしているわけで、すでに何度もライブをこなしているマッキーとの差は歴然。
が、マッキーはプロとセッションしてるので、シロートたまねぎのつたなさにはじゅうぶんな理解があります。
そのうえで、ポップスだったり歌謡曲だったり、いわゆるブルースハープっぽくない曲を演奏する相方として選んでもらったので、ここは一発奮起して、気持ちよーく吹いてもらう伴奏でありたい。

今はまだ、合わせることと、レパートリーを増やすことで手一杯です。
そもそも昔から、譜面なしでカラオケ伴奏するときに2度と同じに弾けない、という瞬間的記憶消去傾向があるため、練習しても前回と同じにはならない(笑)。
コード譜で追っかけていくんでいいんだろうか、ちゃんとおたまじゃくしに落としこんだほうがいいんじゃなかろうか、と自問自答しながらの合わせです。

それでも、マッキーが好きな曲を楽しく気持ちよく吹いてくれたら、わたしも楽しいし気持ちいい。
誰もが知ってる聞いたことのある曲を演奏するのはけっこう冒険ではありますが、おそらく場の雰囲気とか一体感は作れるんじゃないかなぁと思っています。



90歳のピアノ。
年齢を感じさせない。




『おまけ』
ここから現実的に(笑)。
練習場として最高の環境なのですが、ちっと値上がりしまして…。
そうそう贅沢もできないねー、と。
しかし!練習パックにはあと3人入場可能!
あたしたちとワリカンで、ベヒシュタイン弾いてみたい、とか、あたしたちと唄ってみたい、とか、マッキーと会いたい、とか、たまねぎと連弾してみたい、とか、がっつりお受けします。
経費節減!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR