自分染め浴衣5回目

結城紬の産地問屋大手の奥順さんに行ってきました。

奥順株式会社

紬なら織りでしょう、なぜに染め、とよく聞かれますが、こちらでは染めの体験もたくさんできます。
中でも、毎年手法を変える浴衣染め。
綿麻生地を一反まるごと染めちゃう、そして希望者はミシン仕立てで浴衣にして送り返してくれる、つまりオリジナル世界でたった1枚の浴衣を作れる企画です。
昨年で10回目で、もうこれでおしまいにすると稲葉藤五郎師匠は言ってたはずなんだけど、今年もまたありました(笑)。
企画担当の岡安さん曰く『やめるやめる詐欺』。
まあ、そのおかげでまた楽しくやらせていただけるので、ありがたいありがたい。

今年は、板締め絞り再び。
思えばわたしの初回も板締めでした。2011年だったと思います。
麻の葉に染まる畳み方でした。
2017年の板締めは、正三角形にするか、二等辺三角形にするか。
正三角形だと六角ベースなので、亀甲模様や雪花絞りができます。
二等辺三角形は縦横格子か斜め格子で、また違った雰囲気になります。

かのCM以来、世の中にたくさんの雪花絞りを見かけてますので、 なるべくひとと違うものを欲しがるたまねぎは、二等辺三角形に決定です。

午前中は手拭いサイズの布でお試し染め。



アクリル板で挟みます。これだと面の染まり具合がよく見えます。
水に溶かした染料が布に絡め取られていくようす、よそ様の作業でじっくり観察させてもらいました。

で、わたしのはこれです。



紫でそめてみました。ごごの作業でもうひとつ差し色を入れることになっています。
色とデザインを考えなくちゃ。
それより、本体はどうするんだ。色。
無難に藍かなぁ、と思いつつ、昼休憩です。
いつもの、おかずたっぷりお弁当。朝も早かったし、美味しいので、ぺろりと完食。

さて、すでに畳んである布を、板締めにします。今回特注したという板締め用万力みたいので、ぎゅうぎゅうと締めていきます。
最初40センチ以上あったものを両側から蝶ネジで締めて34センチにします。



蝶ネジなんてとても久しぶりに見ました…。

さて、これを染めるわけですが、その前に師匠は染料の最終調整をしています。



化学染料でも、草木染めの染料でも、煮出す作業はおんなじですね。
赤を作ってるとこです。
そして、その試し染めをちょと覗いたら、朝手ぬぐい染めたときの赤と少し違っていて、とても深い色に変わっていたので、急遽浴衣本体を赤にしてしまいました。

染めた直後がこれ。



ちょうどバーのあたりまで染料がしみて、その先は分離した水が吸いあがってるのがおわかりでしょうか。

これに水をかけてしばらく放置したのち、万力を外して、生地を広げてじゃぶじゃぶと水洗い。この作業がいちばん力を使います。
わたしは腰痛持ちじゃないのですが、それでも腰や背筋はそこそこ痛むので、腰痛のあるかたにはかなりつらいと思います。

 

色止めの酢酸を入れて、定着時間の間に、手拭いの2色目を。
さんざん迷ったあげく、残っている白場に差すのではなく、染めたところに重ねる手法を取ってみました。
午前中と同じところを折り畳んで、藍のボウルにどぼん。



元の紫がなくならないようにちょん浸けです。
ちょうど七宝柄のようになりました。

他のかたや師匠の作品もごらんください。






さあ、いよいよ定着も終わり、最後の濯ぎをして脱水して干しました。



乾くと少し変わりますが、それでもかなり鮮やかな赤には違いありません。
えーと、まもなくアラフィフからアラカンに変わるんですけど、いいんでしょうか。←ってももう遅いってば。
丸巻きになってうちに届くまで2週間ほどかかります。
どんなかなー、楽しみ楽しみ。


毎年お世話になって、とても楽しく浴衣を作らせてもらって、稲葉師匠や岡安さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
秋にはまた、小物染めの企画を立案中だそうですので、ぜひみなさんも体験してみてくださいね。

作業中に他のかたともお話してたのですが、ちょっとくらい失敗しても、自分で染めたものはいとおしくて、なんだかんだと着る機会が増えるんですよ。

てなわけで、浴衣で○○、な企画も自分でも立てたいし、見つけたら参加しちゃいたいと思いますので、声かけてくださいねー!






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR