黒留ナイトへ出動!



昨晩のいちばんイケてる姿です。(笑)

あ、お帽子は借り物で、一瞬だけ被りました。
お友だちのコーデをみて、この帽子重いのかなーと思い、尋ねてみたら、ぽこっと被せてもらえて!


というわけで、昨晩は、東京キモノショーの中のいちイベントとして開催された黒留NIGHT ~Debutante Ball に参加しました。
約2年半ぶりの開催となり、楽しみに待ちわびていたみなさんのコーディネートが、めっちゃくちゃノリノリで楽しいひとときでした。

パーティーの場に行くと、お話したりコーデ見せてもらったりが忙しくて、写真撮るとこまで頭も手もまわらないのがダメダメなところですが、まあおいおいいただきものの写真なども追加で載せていこうと思います。

そもそも、黒留ナイトとはなんぞや。

ひとりの着物中心の古物商が、傷んでしまった黒留袖に出会ったことが契機でした。
箪笥の中にしまわれたまま陽の目を見ることなく、染みが出たり黴が生えたりして朽ちていく黒留袖。
でも、黒留袖は既婚女性の最高礼装であり、ほぼ一点物として手間暇もお金もかけて作られたものが大半です。(レンタルものは別よ。)
冠婚以外でも着ていける場所を作ろうと、彼女が企画したパーティーが始まりです。
回を重ねるごとに規模も大きくなり、その集合写真は「黒の絶景」と呼ばれるようになりました。


昨晩も、ほんとうに黒の絶景でしたね。
さまざまな色、柄の留袖を、思い思いのコーディネートで身に纏う紳士淑女。←いや、ほんとにその言葉がぴったりなんだって。礼装ってこういうことなんだなぁ、と心底感じます。

どの人をとっても、その着物、そのコーディネートへの愛があるのですよ。思い入れ、と言ったほうがいいかな?
着物の持つストーリーや、ここへ至るまでのそのかたのエピソードなどが、その姿から言葉として聞こえてくるような。

今回はミニバージョンではありましたが、パーティーに先だってファッションショーもありました。
こちらも主宰チームが渾身で作り上げたステージで、素晴らしい20分でした。

もうね、このイベントだけは、写真や文章では伝え切れないの。
ここにいることで感じられるものがたくさんありすぎです。

今後も続けていくというお話があったので、次は一緒に行きましょうね。

キーワードは
#黒留ナイト公式
です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR