夜の海へいく新月の瞑想会

新月になる直前の時間帯を、いつもの瞑想会で過ごしました。



白いガーベラとカラー。
これから満ちていく=彩られていくニュートラルの白。

瞑想に入る前に、熱が出たり咳が出るのは浄化の作用と言われました。
ここまでのひとつきの浄化は、かなりハードだったそうです。
わたしのように体調を崩したり、ものごとが停滞したり、出方はいろいろでしょうが。

さて、本番。
てぃあらさんの誘導は夜の海でした。
ここ数回よくあることですが、誘導される前に既にそこに行ってます。
今回も、新月なのに大きい真ん丸の形が見えるお月さまを暗い海の上に眺めながら、みんなが来るのを待っていました。

夜の海。
月の海。
そういえば週末は海月に心奪われたっけ。
キーワードというほどのものではないけれど、どこか細ーくつながっている言葉。

よくよく回想してみたら、夜の海ってあんまり見たことなくて、それはいつもあるものを象徴するわたしの心象風景です。
けれど、海そのものは、見たことのある景色。
たぶん、その思い出を共有した、あるいは共有したいと願う人につながっているのだろうと思います。

丸いけど輝いていないお月さまの中で、くるんとまあるくなって眠っている自分を置いて、こっちに帰ってきました。

恒例のカードひき。




読み解き本には、共にあるものが更新されたり見直したり新たなステップに進む、とかかれていました。

いろんな意味を含みすぎだよ…。今抱えていることへの回答にしちゃ曖昧すぎるし。

それでも、時間は流れていく。
ゆうるりと。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR