つくしの記憶

道すがら観察記録、今季初のつくしをみつけました。



もう開ききっちゃってて、たぶん何日か前に顔出したんだろうけど、今朝まで気づきませんでした。

子どもの頃住んでいたところ、そうね、生まれた頃から東京23区に住み着くまでの11年くらいは、どこに住んでてもつくしはあたりまえにそこらへんに生えてました。
ので、春の食卓にはつくしがいつもありました。
(もちろんハカマを取るのはわたしのお仕事でした(笑))
山ほど摘んできて山ほどハカマ取っても、食べられるのはほんのちょこっと。
佃煮になったり、卵とじになったり、お吸い物の実になったり。
重要なのは、この写真みたいに開いちゃったのは美味しくないってこと。
なので、胞子のたーくさん詰まった緑のアタマのを探して摘むので、手も服も胞子の色に染まってました。←白い服に付くとなかなか取れない!

大人になって多摩に住み着いた最初の頃は、ちょっとした空き地や生産緑地指定のとこには、どこでもわんさか生えてました。
多摩市民になってちょうど30年。(たぶん今日だ!)
つくしは珍しいものになってしまいました。

そっか、30年もこのまちに住んでるのね。
それなのに、根っこが定着してないのか。それはおいといて。

つくし摘みできるところあったら教えてくださいな。
とれた量によってはごちそうしないでもない。よろしくお願いします。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR