いのちの糧

大げさなタイトルつけちゃいましたが、やっぱり音楽なくしてわたしはあり得ない、と感じた夜でしたので、もう恥も外聞もなく。

昨晩のライブは赤坂。



先月、地元のライブで心わしづかみで持っていかれたギタリスト加藤泉さん。
聴きに行きたいです~とお声かけたら、こちらをおすすめいただいたのです。
見てびっくり、増尾好秋さんですと!
ジャズマニアじゃないわたくしでも、増尾さんと言えば世界のジャズギタリストとしてお名前の浮かぶかたです。
在米なので、そうそういつでも聴けるかたではない!
絶対行く、の意気込みで、途中ちょい挫折しかかりましたが、なんとかスケジューリングできました。

赤坂の古いビルの地下。
予想通り、入口のわかりにくいところです。一度通り過ぎちゃった。
ドアを開けると、ビルの外観からは想像できない居心地のよい空間がひろがってました。
見ただけで、ここ好きだ~、とハイテンション。

赤坂ヴァーチュオーゾ

そして、食べ物が美味しい!
音楽友だちから聞いてましたので、期待していきました。揚げ物が美味いの、腹ごしらえに最高です。
オムライスのケチャップは、ヴァーチュオーゾのV デザイン。



19時開演で途中休憩をはさみながら22時ちょい過ぎまでの3時間。
大好きな曲Tenderlyがはいっていたり、これまたお気にいりのAlone Together があったり、心のメモに書いてあるものをきかせてもらえるの、無上のしあわせー。
もちろん、おおむねどの曲もわかるんですけど、やはり好きな曲を素敵な音で聴けば、多少のささくれは落ち着いてしまって、なかったことになります。

つらい思い出が浮かんだ後とか、苦い時間があったときに、消しゴムのようにそれをさっと清めて、明日への力を与えてくれるのは、わたしのばあいはやっぱり音楽なんだなぁ、と強く感じました。

そんなことを思いながら、え、もうこんな時間、まだ帰りたくないよぅ、と後ろ髪を引かれる夜。

包み込むようなきらきら輝くギターの音は、増尾さんの色と加藤さんの色が絡み合って、また新たな色と質感を生み、いま、ここ、でしか味わえないひとときとなりました。

加藤さん、増尾さん、ご一緒したオーディエンスのみなさん、ありがとうございました。
おつきあいくださったあっこさんもありがとう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR