氣学プラスα

大学の同級生を師匠として長らく気学を学んで実践してきました。
や、これからも続くんだけどね。
ただ、やればやるほど九つの性質をさらに補完するなにかがあるんじゃないかと思って、ずうっと気になってました。
師匠だってもひとつ、紫微斗数ってのを勉強してるしね。

占星術とか四柱推命とかは複雑すぎてもはや勉強したくないし、大家もたくさんいるし、まあ、この歳になれば周囲にいろんな達人がいるから、そういうかたに頼ればいい。
実際、気学をやってるかたも複数出会えてるし、数秘のかた、バースカラーのかた、その他もろもろ、素敵なお友だちがたくさん身近にいらっしゃいます。
いざとなったら、教えを乞うまでもなく、助けてくださいってお願いすればいい。

じゃあ、っていうことで。
あんまり普及してなくて、自分の気持ちにフィットするものに出会いたいなぁと、ちょうど2年くらい前から思い始めてました。
そんな中で昨年偶然知ったのが、宿曜、というもの。

なんとなくこれは気になるな…と思っていたら、サイキックなお友だちがこれを学んだと知り、新たにオラクルカードが作られるという情報をシェアしてくれました。
カードのラフデザインを見ると、なんとも言えない優しさと華やかさの同居したピンク。
オラクルカードを1組手元に置きたいな、という気持ちも高まっていたので、カワイイやつをお迎えしようと決めました。

で、届いてからほぼ毎朝カードひいてましたが、やっぱりもう少しべんきょうしたいなと思って、勉強会行ってきました。
あんまり予備知識突っ込まないで、素で行ったんだけど、それがよかったみたいで、これはなかなか自分の性格的に合ってるな、と。(統計すき、分析好き、そこそこ細かいの好き、漢字好き、などなど。)

ざくっとまとめた書籍を手に入れました。著者のかたが午前中の講師でしたので、本を見りゃわかるだろ、だったらやだなぁと思いましたが、いやいや、やっぱり長年実践してこられたかたなので、ちょこっと盛りがなかなかいいかんじです。該当しそうなところ開いても、それは書いてないやん!的。

午後は、午前のかたのお師匠さんで、オラクルカードの使い方ワーク。
おおーこんな風に使うのか。いままでメッセージカードのようにひいてましたが、ちゃんと知りたいことを具体的に問うほうがカードも力を発揮するとのこと。
いままで瞑想会のときは、大魔女がそばにいて上からのメッセージを翻訳してくれてたからぼわっと尋ねても平気だったけど、自分でやるならこんな風にすればいいんだね。(←スピど素人(笑))

結果、ここんとこしばらく悩んでいたことは、するするっとつながる答えが出てきて、なるほどーと納得。

よく考えたら、気学師匠以外にこういうのをちゃんと勉強するの初めて。
やはり練られたプログラムは美しいですね。出席者の多くがすでに講師のかたの講座を受講してるようでしたが、わたしは昨日一日で、基礎編はじゅうぶん学べたかな、と感じます。
しばらく自分のことや、自分のまわりのかたとの関係性などを調べて分析して、それでも足りないとこが出てきたら、また勉強しに行こうと思います。


というわけで!
たまねぎが嫌いじゃなかったら、あなたの生年月日を教えてください。
まずは自分のまわりにどんなかたがいらして、どんなふうにわたしを助けてくださってるのかを紐解いていきたいと思います。
そのなかでお伝えしたいことが出てきたら、こっそり、ね。
(⌒‐⌒)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR