だるま市

3月4日土曜日、調布市の深大寺に行ってきました。
毎年3日4日は恒例のだるま市です。
参道から境内まで、だるまの出店でびっしりです。

だるま市に行くのは10数年ぶり、そして、だるまを購入して目を入れていただいたのは、なんと36年ぶりです。

だるま市はとにかく人が多いという思い出しかなくて、ずっと避けていました。
しかし、ことしは三が日に来て、これとどっちがすごい?的なのを経験してしまったので、どれ土曜日にあたってるし、行ってみるか、と出かけてみました。




あれれ?拍子抜け。
では落ち着いて、まずは本堂にお参り。


二日目の午後ということもあるのか、明らかに人よりだるまのほうが多いです。
それでも、お店を冷やかしながら歩くと、特定のサイズだけ売り切れてたり、レアデザインのものが残り1個~の声がかかったりして、これまでにたくさんの人が来てたのね、ということがわかります。

最初から、掌に乗る大きさのものを求めるつもりだったので、あとはどのお店にするか、だけです。本堂前の境内を一周して決めました。
え?決め手?
売り手のおっちゃんの顔が、だるまみたいだったから。
眉毛がぶっとくて、目玉がくりくりっとでっかくて、立派な鼻が真ん中にでん!

目を入れる前。



だるまのお顔はひとつずつ手描きなので、全部違います。
いくつか見比べて、このだるまさんにしました。

大師堂で、お坊さんが目を入れてくださるのですが、お堂脇にも特設会場ができていて、たぶん15人くらいで描きまくり。それでも行列は開祖堂のところまで続いてました。階段を昇ったり降りたりしなきゃならないので、お年を召したかたは大変そう。

目を入れてもらいました。阿吽の阿。



お納めするときにはもうひとつの目を入れてもらう決まりになっています。
そちらは吽。

だるまを抱いて、やっと大師堂にお参り。
そして、3種あるうちの元三大師さん(だるまさん)のご朱印を授かってきました。




だるま市って書いてある~!

その日だから、の限定をいただけるのはなかなか嬉しいですね。

お天気もよく、穏やかな午後散歩にぴったりの距離で、調布駅~深大寺を往復しました。
母校のそばを通るのも、ここを歩くのが好きな理由のひとつです。
母校脇の布多天神には、ひとつ枝から紅白の花が咲く梅が満開でした。





次に行くのは、なんじゃもんじゃの花の季節かな。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR