細く長く続けられる性質

昨晩は、通勤経路上にある小規模ホールでのコンサートに行きました。

このまちには音楽大学と女子大があります。そのせいなのか、なぜか市役所所在駅よりも早くから、おしゃれっぽい発展をし続けています。
もし、都立高校に進学してなければここにある学校にかよっていたはずなので、親近感もあります。←とすると縁ができてからもう40年にもなるの?

コンサートの演奏者は、もう長らくゆるおっかけをしているヴァイオリン奏者さんを含むピアノトリオ。
いずれのかたもヴァイオリンのかたとの共演などで、私にはお馴染みかつ大好きなアーティストです。

ゆるおっかけを始めてどれくらいになるのかな、と指折り数えてみたら、14年くらいたつことがわかりました。
きっかけは、ピアソラのタンゴを演奏するトリオリベルタを知ったことでした。

全公演行く、などということはできませんが、年に2、3回はおっかける、そんなレベルで聴き続けていつのまにか。

よく考えてみると、モノでもコトでもヒトでも、関わりかたはいつでも細く長く、みたいです。
そのため熱意とか真剣さを疑われることが多く、つまり誤解されやすいのですが、本人としてはいたって真面目に取り組んでるし、とても大切に思っていたりします。

まあそれは生まれ持った性質なのでしょうからいたしかたない、とあきらめるしかありません。
一度自分のインデックスに書き込んだものはなかなか消せない性分と言いますか、書き込むにも時間はかかるのですが、書くときは油性マジックだから消えにくいよ、てなかんじです。

書いて、とか、消して、とかのご要望にはできるだけお応えしていく所存です。ですが、消して、って言われると、たぶん泣く(笑)。泣くけど、時間かけてもちゃんと消していきます。


モノを少し消さなくちゃいけないなぁ。
でも、消えるべきモノが浮上してきてるから、なんとかなるでしょう。
あ。消すのもやっぱり細く長くなのか。







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR