深層心理2題

昨日のできごとから、あらためて自分のなかにあるものを取り出してみました。


ひとつめ。
その呪縛(もうそれでいい。敢えて言い換えることもしない。)からは逃げられないし、逃げなくていいし、逃げるべきではない、ということ。
共に在ろうね。
そう話しかけたら、そこに灯りがともったので、それでいいのでしょう。


ふたつめ。
生理的に合わない者、というのはどうしても存在していて、それはもう致し方のないことです。
致し方ないと納得した精神はともかく、できれば一緒に居たくない肉体は、どうにもならずに歪んでいくものであるということを、半世紀以上生きてて初めて経験しました。
今までそこまで考えてなかったけれど、訳もなく不調になっていた時期が何度かあって、よく思い返してみれば、そのような存在があった気がするのです。

おからださまは正直よね。


そして、そんな状態になっていたら、ちゃんと好きなところ好きなものに触れる機会を自分で作ろうとする、っていうこともわかりました。

どうしてもだめなときに助けになってくれるのが、音楽だったり、デザインだったり、着物だったり。
それらはみな、作り手の想いを形にしたもの。
作られたもののもつ力を受け止めて。そしたらそれをまた誰かに伝えて。

そうやって歩いて行こうと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR