わたしの道を指し示すもの

昨晩は月例の瞑想会でした。先月までは曜日で決まってましたが、今年は、満月新月に合わせて開催されることになりました。

で、初回は満月。
それに合わせて、祭壇には黄色の糸掛け曼荼羅。



お月さまのパワーは、どっしりとした密度の高いもので、例えるなら昔子どもと作った、洗濯糊のスライムみたいな感じ。
わたし、という袋の中に抵抗なく入ってくるし、溢れたものに包まれても窮屈さや息苦しさもありません。
久しぶりに、瞑想会でパワー満タンになった気分です。


瞑想というと変な人と思われますが、そうではなくて、世の柵から解放されて内観するための時間ととらえています。
昨晩は、自分の呼吸に集中しながら、前回から今回までの間に起きたことを仕訳するという、珍しい現象がありました。
いるものといらないものの区別のしかたを教えてくれたようです。

前回も書きましたが、一人で生きていける人に子どもを育てる、という母の望みがこれまでの最大の望みだったらしいのです。それが叶ったことを受けて、新たな望みを探すところから始めよ、というメッセージでした。
でも、安易に決めないでね、きちんと形を明確にしてね、という、なかなか難しい注文をつけられて、うにゃ~と頭を働かせているところです。

お月さまは、どのまちから見てもおなじ月!



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR