伝統行事



年初めの地区事業であるどんど焼き。
本来は1月15日に行われる祭礼だったようですが、私の住む自治体では、神社とは関係なく地区委員会主催で行われています。
当地区では、地区内のふたつの小学校が持ち回りで、各校の校庭を使って開催しています。今年は、うちのこどもたちの母校で。

市内の14ヶ所かな?で今日から来週末にかけて行われますが、うちの地区の塞ノ神がいちばん大きいと言われています。
なにしろ、塞ノ神の中に人が立って入れるくらいだもんね。
神社の境内だと火の用心のためにここまで大きくできないと思います。

当日の朝は、ふたつの小学校対抗のキックベースボール大会も開かれ、その横餅つきと甘酒のおふるまいもあります。
こどもたちが小学生のときはPTAやってたこともあり、ずっとお手伝いに行ってましたので、朝からほんとありがとう、と思います。

お餅といっしょにお団子も配布され、竹竿の先にお団子つけて、塞ノ神の火で炙っていただくと、今年は無病息災。

うちでは、一昨年の年賀状と正月飾りを火にくべることにしています。
ご家族の写真の葉書を処分するのに可燃ゴミに出すのはためらわれ、ここで焚いてもらえばいいなぁ、と毎年持っていってます。

点火するとすぐに炎が大きくなります。



焼け落ちるまで10分弱。
消防団のみなさんがはぜる竹の骨組みを崩してくれます。倒れたりするので、安全宣言が出るまで見守ります。




そのあと、お団子繭玉を炙りに、わらわらと火のそばへ。ちょっと焦がしたくらいが美味しいの。



よほどお留守にしていない限り、このまちに住んで22年、ほぼ皆勤。たぶん行ってないのは片手くらいかな?
丈夫で長持ちなのは、これのおかげかもしれません。


地方ごとにいろんな呼び名があるようです。
それぞれ、その由来もあるのでしょう。

ニュータウンでこの行事が根づいたのは、地区委員会のみなさんのご尽力の賜物です。
できれば、ずっと続いてほしいなぁ。
夏祭りがだんだん縮小されているので、せめてこれくらいは。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR