インディアン・サマー

日本語で小春日和。
今頃の穏やかな晴れの日をさす季語。

この言葉を聞くと、思い出す曲がある。もう手元に音源もないし、実は誰の曲だったのかも思い出せないけど、学生バンドでやった曲。
でも、フルコーラスで弾ける。
優しくて柔らかいメロディーラインは、今でも好きだ。
だから忘れないのかもしれない。

その頃の仲間、細ーくつながってる。

その細さが絶妙だな。

しょっちゅう会えたら、きっと面映ゆい。
でも、ぜんぜん会えないのも寂しい。
なにか機会があったら会えるように、そんな繋がりにちょうどいいかんじのFacebook。
人それぞれ、使い方や温度差はあっていい。
インターネットの特性。
世を忍ぶ仮の姿。


あたしの実態なんてだれも知らなくていい。
知りたい人だけそこにいてくれればいい。
冬のお日さまみたいに。
 
抜けるほどでない青空に雲ひとつない。
あのメロディーを口ずさみながら、歩いて帰ろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR