ご朱印帳

こんなカテゴリが作ってあったことをすっかり忘れておりました。

高校生の頃にご朱印に魅了され、娘さんの頃は、大きいお社やお寺に詣でたときにいただいていました。

その後、神も仏もあるものか、という時期もあり、長らくご朱印をいただくことから遠ざかっていましたが、また思うところあって、ご朱印帳を手元に置くようになりました。

再開したのは平成20年です。
お伊勢さんに詣でたときに授けていただいたものに始まり、いま、いただいているものは4冊目、あとふたつでおしまいになります。

あ、わたしはお宮さんとお寺さんを分けません。頁も両面使います。
それと、一度いただいたところであっても、再訪したらいただきます。
なので、この4冊の中に同じところの印が何度も登場します。
記念というよりも、祈念のおしるしなので、幾度いただいてもありがたく思います。





いちばん手前の国領神社のものを次に使うことにしています。

その他に、札所の納経帳が2冊。
秩父さんは三十四箇所、結願しました。
坂東さんは途上で止まってますが、必ず終わらせるつもりでいます。
近郊は参詣が済んでいて、日帰りでは行きにくいところが残っています。



まだあった、鎌倉札所もあるのでした。



ご朱印はお詣りしたことの証であるだけでなく、わたしにとっては、そのときのことを思い出すためのツールでもあります。
どの季節に、どなたと共に行き、そのときどんなことを話したのか。
忘れかけていても、いただいた印と日付を見ていると、いろいろなことが思い出されます。
そのときの自分の心の内までも。

神さまや仏さまには嘘がつけません。


次はどこでいただくのかな。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR