好みの味

万人が美味しいと思うものは、たぶんめっちゃくちゃ美味しいものではなくて、どなたのお口にもあう無難なものなのではないかと思ったりします。

だってね、自分が美味しくないな、というところでも星がついていたり、行列ができていたりするではないですか。

そもそも、並んでまで食べるということをほとんどしないので、よほど運が良くないと、行列のできる店で食べられません。
ですが、とっても好運に恵まれてそのようなところに並ばずに行けたことは何度かあります。

いざいただく段になって、
「あれ?そうなん?」
となってしまうのは、私の舌がオンチなのか、それとも行列効果(並ばなかったことによるスペシャル皆無感)によるものなのか。そこは定かではありませんが。
そういう経験もあります。

ピンポイントで自分が美味しいと感じられるものに出会えたときの、あの嬉しさは他の何物にも替えがたいなあと思います。

昨晩はこれ!
栗尽くしのイタリアンです。




ここ数年、美味しいものを作り出す人々に恵まれてます。
もっとたくさん食べられるときに知り合いたかったなぁ…とも思いますが、いやいや、欲張らなくなったからこその行幸なのかな、とも感じます。

ジャンルが違うのも嬉しい。
使う調味料や香辛料が同じでも、これほどの違いがあるとは、と毎回驚きます。
加えて、どのかたも素材をとても吟味していることがはっきりわかります。
そのものの味をしっかり味わえて、さらに調理するかたの個性が感じられる、調理人ってほんとうに尊敬する!

ほぼ10日間のあいだに、大好き3本指のお三方の味を楽しめるなんて、これ以上の幸せはないなぁ。

次の週に4本目にも行くべきかな。

そして5本目は永久欠番なのだ。
カムバーック!九嶺!





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR