着物で行く信濃路 その4

さて、夜が明けました。
時計を見ると。


げげっ!

朝食6時30分からに予約したのに、6時27分!
マジか!
5時に一度目がさめて、でも早すぎるしアラームセットしてあるしって。
アラーム鳴ってない!

でも、6時37分には下の食堂にいました。
え?ちゃんと着替えてますよ、袴じゃないけど。
Tシャツ襦袢でもないし。
帯こそ半巾ですけど。(また黄八締めてきちゃった。)
あーでも素っぴんだった(笑)
誰も見てないからいいのだ。

バイキングの朝食は特に珍しいものもなく。味噌汁が茸てんこ盛りだったのがとても嬉しかったです。

のんびりと荷物をまとめ、あざみさんと二人で別所温泉に向かいます。
目的は温泉じゃなくて、北向観音参詣ですよ!
私はもひとつ目的ありますけどね。(駅捕り廃人。)

てなわけで、上田電鉄に乗ります。



この丸窓が上電のトレードマーク。
この車両にもマルマドリーム号という愛称がついてました。
窓から見る塩田平の風景は、秋の穏やかなパレット。



無事に上電も完乗しまして、ゆっくりと北向観音さんへ。
ゆるやかな登り坂を行くと、温泉旅館が立ち並ぶその取っつきに、観音堂への参道があります。

こちらの手水はなんと温泉。



冷たくない、ほかほか。

お参りをすませ、ご朱印もいただき。
境内から眺める塩田平。
この景色が大好きです。



こちらは、坂東札所を巡り終えたら、長野の善光寺とこことを納め観音として訪れるように、と言われてるところです。
坂東は道半ばで止まってますが、なんとか近年中に廻りたいと思ってます。
そんなわけで、好きなお寺さん三つ選べと言われたら、間違いなくここは入りますね。

元の道を戻りながら、来るときに気になっていたお豆腐屋さんで、豆乳を1杯。
うわー、んめー!
なんにも調整してない、できたてのほやほやほかほか豆乳は、やさしくてまろやかな味わいです。
からだの芯までぽっかぽか。

別所温泉駅。



停車場ですね。
存続のためにいろんなグッズを作ってて、思わず買ってしまいました。





萌えてる場合か!



さて、この参詣はオプションでしたので、次はメインイベントへ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR