八丈島へは船旅

織姫になる条件は、つぎのふたつでした。
 ・現地で3泊4日
 ・飛行機1便で島に入る
ひとつめは夏季休暇を使うことで簡単にクリアできますが、問題はふたつめ。
1便は、羽田発7時30分。チェックイン等考えると最低でも7時には着いてなくちゃいけないし、朝は電車がちんたら走ってることを考えると5時ちょい過ぎに出なくちゃって、何時に起きるの?
それで、初日からきっちり織れるんかいな?
って考えて、船便を選んでみました。

東海汽船の定期便は、前夜の22時30分出航で、8時50分に島に到着します。
寝てる間に着くじゃないか。
時間が無駄にならなくていいなぁ。
インターネット割引を使うと、エアの特割運賃の半額くらいと、経費節減にもなります。
いそいそと予約したら、台風がどんどんどんと三連発で、海が大荒れなテレビ映像を繰り返し見てしまいました…。

いやいや、今回は、織姫になるだけじゃなくて、南の方位採りも兼ねてる!
絶対にヤバいことにはなるはずがない!
実績あるし!

当日。本州も島もお天気よく、天気図にもなんの不安もありません。
竹芝から無事に出航です。

こちらが橘丸。
派手なカラーリングですね。
嫌いじゃない。てか、黄色好き!



いちばんお安い2等和室ですが、こんなに綺麗で快適そうです。



女性優先スペースだったり、一人ずつ仕切られてたり、頭の上に鍵つきロッカーがあるなど、昔の大部屋連絡船とかフェリーしか知らない身としては、もう、何度へぇボタンを押したことか。

早めに乗船手続きをしたわけではないけど、団体じゃなかったからか、女性優先の進行方向に頭、壁際のスペースをとってもらえました。

出航してすぐ、甲板へ。
レインボーブリッジをくぐり抜け…。



大好きな工場夜景。





そして、船室に戻り、こてんと寝てしまいたかったのですが、日付が変わるのを待ちたかった、なぜなら変われば誕生日だったので(笑)。
出生時刻までがんばれたらもっとよかったんですが、それだと翌日作業に差し障りが…。

0時30分くらいまでは記憶がありますが、その後は爆睡。
いちどだけ目がさめたかな。

そして、4時30分。
な、なんだなんだ、船内全点灯!
そう、三宅島への入港時刻です。その後、御蔵島に着くまでの約45分くらいだったか、明るいままでした。
御蔵島を出るとふたたび消灯。二度寝しなさいってことね。
はい、よいこはちゃんと二度寝しました。
次に目が覚めたのは7時半近く。ごろごろしながら、持参のおにぎりで軽い朝食。
八丈島の底土港にはいるために向きを変えたときが、この船旅でいちばん揺れたんじゃないかと思うくらい、穏やかで快適な旅路でした。

こんななら、いつも船でもいいよ。
え?まだ行くつもりなの?
…うん、たぶん。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR