修養会だった八丈の夜

昼間の織り作業は頭を空っぽにして集中してないと、ミスを誘発します。
それでも、大ポカを2箇所も作ってしまいました。(それは別記事で書きます(笑))

そして、昼間なんにも考えてない分、一人で過ごす夜は、器の小さい脳からあふれてしまいそうなほどの思考の渦が押し寄せてきます。

過去も現在も未来もない交ぜの、大きな渦です。

そばにいる人たちのことや、離れざるを得なかった人たちのこと。
少し先の時間軸がどこに刺さっているのかを探る旅。
いろんなものが見えました。

そして、浮かび上がってきたのは。
わたしは、ポジティブ、という言葉が嫌いだ、ということでした。
前を向いて歩くけど、それは決してポジティブな気持ちでの行動とは限らないんだな、わたしにとっては。
というよりも、ネガティブ、は良くない意味合いにとられることが多いけれど、わたしはそれは悪いと思ってなくて、ネガポジ両方ないとつまらないな、と感じています。

たぶん、どっち寄り?と尋ねられたら、自分はネガの人、と答えます。


いろんなもの、いろんな人に囲まれて。
距離をうまく測りながら、大雑把に同じ方向に歩いていける人が、これから先の道連れとなる人たちなんだろうな、と思います。

すっきり涙を流すと、むくんだり目がふさがったりしないのね。
新たな発見。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR