季節のかわり目

朝からじりじりと照りつける陽射し。
日傘を持って出る木曜日の朝です。

日中は暑い、んでしょうね。
空調の効いた高層ビルの中にいると、外の温度はまったくわかりません。
お昼を食べに外に出ればいいのでしょうが、それが面倒で、自前弁当(中身杜撰で見せられません。)の日々。
ブラインドを下ろしてあるので、雨が降ったことすらも気づかない。
そんなんでいいのかなぁ、と思います。

せめて朝夕の通勤路、外の景色や温度を感じておこうと目をこらすと。
かすかに、夏の終わりを感じ取れます。
どこがどうってんじゃない。

たとえば、雲の厚みとか、道行く自分の影の濃さとか、草っ葉のしおたれ具合とか。

そしてなによりも。
日が落ちてからの虫が、じゃーじゃーとやかましい蝉よりも、りりころりりころと控えめな蟋蟀たちに変わってきたこと。
こんなに気温が高くても、君たちの体内暦では秋の気配なんだねぇ。

昨晩も、台風対策したベランダの現状回復をしながら、蟋蟀のコーラスを楽しみました。


忘れちゃいけない。秋の気配。
明け方に足がつる。
朝の気温が下がってる証拠です…
今朝は、今夏初の腓返りでした。

まだ痛い。

みんな、たたかってるんだねぇ。

こむらがえりまとめ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR