8月15日

両親は、その日はまだこどもだった。
祖父母はすでに亡く、そのきょうだいもほとんどが鬼籍。
戦争を大人として経験したひとは、もう身近にはいなくなってしまった。
語り継ぐ者がいなくなると、想像の中の戦は、実感を伴わなくなるのだろうか。


わたしの祖母たちは、偶然にもふたりとも看護婦だったようだ。
ひとりは本人からその話を聞いている。
わたしがはっきりとおぼえていないだけで、疎開のことやそこで看護婦としてかりだされたことを聞いた記憶はかすかにある。

祖母は言っていた。
戦は、人を変える、と。

血を流さないために。
何をどうすればいいか。
人任せで生きるのをやめることから始めてみよう。

間もなく日付がかわる。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR