手拭い大活躍の季節

梅雨が明けると、電車の冷房がMAXになります。
もともと内外の気温差に弱いたちであるうえに、昨年から通勤の乗車時間が4倍近くになり、冷房のせいで体調維持がたいへんです。

そんなとき、からだを守ってくれる強い味方が手拭い。
自宅から最寄り駅まで15分ほど歩くと、帽子や日傘で遮光していても、じんわりと汗ばんでしまいます。
特に首筋。駅のホームで乗車を待つ間に噴き出すような。
すかさず手拭いの出番です。
長い方を四つ折りにしてくるんと掛けておけば、張りつくこともなく湿り気を吸い取り、さらりとして不快なこともありません。

そのまんま乗車します。
大きいストールを出したり巻いたりできるような状況ではないので、頭の上から落ちてくる冷気に対抗するには、この手拭いが役に立つのです。
木綿のおだやかな保温力。
そして、胸元で交差するかたちはちょうど襦袢の衿のようで、少し開いた衿ぐりの服でも冷風からカバーしてくれます。

昨年はおかげさまで、冷房風邪をひくこともなく、手拭いさまさまでした。

今年は梅雨明けが遅くなったこともあり、出動は今朝からです。
畳むとコインケースよりも小さくなるので、かさばることもなく。
(あまりに小さいので、すき間に入り込んで、探しまわることも(笑))

いざというとき、止血帯になったり(経験あり)、小風呂敷がわりになったり(経験あり)、腹巻きにしたり(経験あり)。
昔ながらの木綿の小布ですが、ほんにお利口さん。

オサレ手拭い、まだまだコレクション増えそうです。

今日はこれ!深堀金魚。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR