夏の三連休は石垣屋

というわけで、祭り参加のために選んだお宿、石垣屋さん。




ちっとばかしお目汚しですみません。
2日間この浴衣で曳き綱ひかせていただきました。

旅人宿 石垣屋

関宿のまちなみのほぼど真ん中に、石垣屋さんはあります。元は肥料商だったおうちを改装して、お宿を営んでおられます。

旅を始めた若い頃、デフォはユースホステル利用、たまに民宿利用だったので、男女別相部屋にはまったく抵抗ありません。
また常連さんの多い宿でも特に困らない特性(ざしきわらし)を持っているので、おそらく今回ほとんどが馴染みのかたであっても、なんにも心配はしていませんでした。

上記ホームページの写真からわかるように、古民家の開放的な空間ですごすのは、きっと気持ちいいだろうなぁ、とわくわくしながら訪ねました。

到着すると、諸事情で主さんご夫妻は不在で、旅人さんたちが迎えてくれました。
チェックインできないので、まずは会津屋さんで昼食のおそばを!



駅から10分ほどではありますが、荷物持って歩いてくると暑くてたまらんので、冷たいおそば。

戻って手続きして、お部屋に荷物を置いて、浴衣に着替えるまで探検探検。



こちらは茶室。
ここも宿泊室になっています。今回は(いつも、かな?)男子部屋。


そして、看板犬のゆりこさん



おとなしくて、まあるい目がとてもキュートなわんこです。

そして、祭りめがけてのたくさんの旅人さん。
チェックインのときに聞いてみたら、やっぱり最年長っぽく(笑)、まあそうだよね、と思いました。

こちらは素泊まり宿なのですが、お祭りのときは、山車曳く前にみんなでお弁当食べたり、終わったら宴があったり、朝昼は宿にいるメンバーでご飯作って割り勘にしたり、と、とても自由です。
男性陣のつくるご飯、とても美味しくいただきました。

相部屋の女性もたくさんで、顔は覚えたけど名前までは覚えられなかった!(衰えたな。昔は40人くらい一発だったのに。)
寝る前には、ロングヘアーのみなさんに簪一本で髪をまとめるのをお教えしてしまったり、あたしったら(笑)。

二晩とも宴会ありましたが、さすがに40名余りもの旅人さん全員とはお話できず。
でも、ゆっくりとお話できて、とてもよい時間を過ごせました。

祭りの明けた今朝の石垣屋風景。



町会からお借りした法被。
これだけ並ぶと壮観です。
できるだけ浴衣か法被を着てね、ということで、実は地下足袋も持っていってたので法被も着たいと思ってたのですが、着たら後先考えずに舞台廻しに参加してしまいかねないので、やめときました。

お天気がよく、今日は川遊び行くよ~というので、行きたい気持ちはやまやまだったのですが、指定とって帰りたいのと、明日以降出てくるはずの筋肉痛を考えると、未練なくさっさと旅立つに限ると思い、みんなが朝ごはん食べ始める前に出発しました。

イベントのときの満員かつわちゃわちゃな石垣屋さん、とても楽しかった。
次にお世話になるときは、イベントじゃないときにまったりと、関のまちを楽しみながら、山石さんの定食やアールグレイさんの紅茶をいただけるような、リゾートライフ?を送りたいなぁ。

あ、あと、夏に来たら、今回食べられなかった関の戸アイス和三盆ぶっかけを。
(ものすごい心残り。号泣。)


最後に、志ら玉氷を。
おやつにいただいて、元気に山車曳き出動できました!



たくやさん、あんじょうさん、でっちさん、旅人のみなさん
お世話になりました。
またお世話してください。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR