毒と薬

心のうちを文字や音声で形にするとき、ベクトルをどっちに向けるか。

昨晩参加したお話会、まさにそんなかんじだった。

あたしは、彼の文章が好きだ。
それで、ブログやTwitterを読んでいる。
主にTwitterでの140字にそのときの彼の本音が出ていて、ブログはそれらの隙間を埋めているのかな、と感じていた。

なんであれ、人目に触れる形で言葉を綴ることは、それ自体が本人にとって毒であり薬でもあると思う。
そのことを昨晩彼は、さらっと語っていて、その一言を聴けたので来てよかったな、と思えた。



あたしはどうだろう。
行動記録主体のこのブログは、自分の生きてきた記念アルバムでもあるし、死んで家族が見つけたらたまに遺言も入ってる。
そして、ときどきこうして、心のうちをぼそっと吐いて自分を振り返ったりする。
やっぱり毒であり薬でもあり。


他人からの評価はどうでもいい。
自分が自分をどう思い、どう裁くか。

ここへ来るまでに繰り返した、数えきれない文字化。

まだ終わらない。
ずっと終わらない。

最後が毒でありますように。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR