染め物天国

春に、奄美大島でご指導いただいた晴恵先生の教室にお邪魔しました。

今回は、明日葉染め。
お庭に生えてるやつを朝摘みしてきてくださいました。

まずは、葉っぱをぐつぐつと煮込むところから。

 

染め物と大鍋は、切っても切れない間柄です。



藍染めもできるよう、準備してくださいました。元気な藍なので、ぶくぶく。



藍染めは、藍瓶、じゃなくて藍ボウルどぼんと浸けるだけですが、明日葉は煮出した色素液に材料を入れて、さらに煮込みます。

煮込むんじゃなくて、沸騰したら火を止めるので、煮物に味を含ませるようなかんじかしらん。

1回目のようす。



このあと銅媒染して、さらに濃縮された染液で染めていきます。

2回目。



一段と色が濃くなっているのがおわかりでしょうか。
明日葉の茎を折ると、こんな色の汁がしみだしてきますよね。
とても鮮やかで、それでいて押しつけがましくない黄色だな、と感じました。

それでも、昨日は少し弱気になってたんでしょうね、この黄色単体で身にまとうのは勇気がいるな、と感じました。
藍があってよかったなぁ、と。

明日葉の黄色を残しつつ、藍を加えていくので、いろいろ絞り作業をしてみました。
板締め、三つ編みランダムなどなど、自由に。



結果。



こんなかんじに染め上がりました。

持ち帰って、日にあてないように夜干しして、夜明けに取り込み、さきほどアイロンかけて仕上げました。




白Tシャツはデザインがはいってるのになんだか下着みたいだったのですが、これですっかり生まれ変わりました。
ピンクのコットンストールも、同じようなのがあったので、藍を入れて、爽やかなイメージに。

その他は、白い生地からの染めで、大判の風呂敷、帯揚げ、シルクバンダナ、ミニバッグです。

染め物は、単色で染めるのも楽しいのですが、絞りをして、どうなるかわかんないのはもっと楽しいです。
あちゃーとなることもありますが、それはそのときのわたしの揺らぎが具象化されたようなものなので、愛い奴よのう、と思います。


やってみたいなーと思われたかた。
次、一緒にやろうね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR