『政治の話をしよう』

ってわざわざ言わなきゃならないのが変だ。

音楽の話をしよう。
ファッションの話をしよう。
教育の話をしよう。
サッカーの話をしよう。
旅の話をしよう。
恋バナしよう。
政治の話をしよう。

どこが違う?

好みや持論やひいきや批判や、
どれもあってあたりまえ。
主義主張の違う人と仲違いする必要もないし、
むしろそんな人に会えたら、もっと話を聞きたいと思う。

なぜ、『政治』だけそうならないかな。


この先は、わたしが勝手に思いついたことなんだけどね。
政治をタブーにしちゃったのは、労組、な気がする。

学生の頃は、政治や行政のこと、話すこともあったし、身近な選挙事務所の手伝いをしたこともあった。
社会人になってから、それがなくなった。
もちろん職場で政治活動しちゃいけない。でも、住んでるまちの未来図や国会で審議されている新法案について話をすること、っていうのは、暮らしの一部だと思う。

労組とか○○会とか、ある程度の構成員数が見込まれる集団は、どこかの党の支援をしていた。
そのために、政党がからむような話題をしにくかったな、と思うのだ。
動員とか、電話作戦とか、経験してるけど、いろんなことがあったわ。
「あなたもその人にいれるの?」と聞き返されて、「や、わたしは選挙区が違うので(笑)」と逃げたり。←その党と聞かれなくてよかったよ。

選挙権を得てすでに30余年。
行かなかったのは、不在者投票が今ほどカジュアルでなかった頃に遠隔地出張してた時だけだと記憶している。
(その頃は出張証明が必要だったはず。)


誰が誰を支持してもいい。
そして、そのことを日常のなかで気軽に話せたらいいな。
へえ、そうなんだ、それはどんな人?
どんな政策の人?
わたしはここがいい、悪い、と思うんだ。
disることもなく。
説得することもなく。
わたしはこうなんだ、あなたは?って。

昨日、選挙公報も届いた。
家族にはすでに不在者投票すませた者もいる。
幾人か街頭演説も聞いた。(都心勤務のメリットだ。)
支持したいと思っていた人や党が候補から消えたりもする。
あと9日。

レベルは低いかもしれないけど、わたしと政治の話をしませんか?






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR