お茶のお稽古

昨年の冬?かな?から、お茶のお稽古にかよっています。
ごく普通の茶道教室ではなく、お客ぶりができるようになるまで、を目指しています。
つまり、「今度お茶会があるのだけど、ご都合いかがかしら?」とお誘いを受けたときに、「不調法ゆえお伺いできません」と言わずに「喜んで!」とお受けしたい、それだけなんですけどね。

これがまた、ほんとに知らなくて恥ずかしい。
自宅でしゃかしゃかーとたてていただく、くらいは母に教わり、美味しく抹茶を楽しんでるのですが、いざお作法となると、むむむ。

齢50を越えて、そりゃあんまりだ。

と、ここ数年悩んでいたのですが、そのあたりを汲んでくださる先生にめぐりあえ、Facebookを通じて知り合ったお友だちと共に、ゆるーい稽古を続けています。

昨日。
はじめてのお濃茶のお稽古でした。
事前に、しっかりしたお菓子が供されるのでお昼御飯は控えめにね、とのご連絡があり、どんなお菓子かいね?ともうわくわくです。←お濃茶への緊張ゼロ(笑)

そして。
お茶席にスマホ持ち込めないので、ネットで拾いました。

拾い物ブログ

先生がおっしゃるには、昔はもっと細工が細かくて…とのことだったので、きっとこの写真みたいだったのだと思います。
それでも、塩のふり加減や焼き目など、黙って出されたら本物の鮎の塩焼きと見間違います!

お濃茶にはボリュームのあるお菓子と伺ってましたが、ほんとに嵩も大きくしっかりした鮎でした。
目もあるし、歯もあるし、ほぐすと中骨のように見える筋もあるし。

お薄のお菓子も千鳥の錦玉羮など、季節感たっぷり。
これだからお茶は楽しいです。

なかなか満点をいただけない生徒ですが、根気よく面倒みてくださる素敵な先生。
ありがとうございます。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR