ラジオアクティブラビリンス



放射線像 という写真展の会場スタッフとして、4時間ほど、写真をみに来てくださったかたがたとお話する時間を持ちました。

会場が駅ナカのギャラリーだったこともあり、3日間で400名を超える入場者がありました。
おそらくかなりの割合で、通りすがりのかたがいらっしゃるものと感じています。


初めからこの展示会を目的としてご来場のかたと、通りすがりで入っていらしたかたでは、見方がずいぶん違いました。
ギャラリーをめざしていらしたかたは、順路に従ってゆっくりと、キャプションもすべて読んで進んでいきます。

通りすがりのかたの中には、さらっと写真だけ見て、どれかの写真の前で立ち止まり、食い入るように見つめて…。
逃げるように立ち去ってしまうかたもあれば、もう一度最初に戻ってキャプションを読み直して、全ての写真をみるかたも。

わたしがお声かけしたり、あるいは質問をお受けしたかた、数名ですが、みなさん通りすがりでした。
写真の技法、被写体の由来、知る限りの知識で簡単におこたえしました。

そのなかの会話を紹介します。
これがわたしのスタンスのすべてだからです。

客「この展覧会の目的はなに?怖がらせること?」
私「いいえ、事実を見ていただくことです。」
客「怖くないの?」
私「怖いですか?」
客「安全なんじゃないの?」
私「怖いか怖くないか、安全か安全じゃないか。決めるのは私たちではなく、ご覧になったかたご自身です。」
客「医学的見地からどうという裏付けがないじゃないか。」
私「私たちは医者ではありませんし、そのようなデータは持っていません。見えない匂わない放射性物質が、このような形で映像になり、みなさんにご覧いただける。そのことを知っていただきたいのです。」
客「怖くないの?」
私「怖いかたも怖くないかたもいらっしゃいますよ。」


初めてご覧になるかたは、被写体の採集地やその状況に仰天することが多いようです。
そして、迷います。現状はどうなっているのか。なぜ、こうなっているのか。

迷ってください。
迷わなければ、考えることもなく、流されるだけです。
知らないことを知り、持っている知識との連結をしてください。


わたしたちグループの放射線像リレー展、最後の会場は千葉県市川市本八幡で、17日~19日です。


●千葉 6/17(金)~6/19(日)
 ギャラリー「空」 JR本八幡駅  徒歩8分
 展示時間 6/17(金)~6/19(日) 11:00~18:00

場所詳細はこちら


この記事のタイトルを、朝書いていた当初はコンタミラビリンスとしていたのですが、少し考えて今のタイトルに修正しました。

どっちがいいか、いまだに迷ってるわたしもラビリンスの住人です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR