吉原神社例大祭

あれ、おまえんち、23区じゃないだろ?と思いましたね?

はい、ぜーんぜん地元でもなんでもないのですが、台東区千束の吉原神社のお祭りに参加させていただきました。

緋女会の一員として御輿を担ぐ、というミッション。緋女会とは?




赤の蹴出しに端折った浴衣で御輿を担ぐ女性の会です。
もっともっと素敵な皆さまがたくさんですが、とりあえず今日のところはあたしので我慢してください。

16時に神社前から渡御開始です。



吉原、といえば遊廓。
今はソープ街。
そこを御輿で練り歩くのですから、それだけでも非日常です。
さらに、赤の蹴出しなんて、ほぼ身につけることもなさそげなものを腰に巻いての御輿担ぎなんて、ねえ、そんな面白いもの、やってみなくちゃ!

とは言うものの、おちびな私はきちんと担ぎ棒の下に肩が届かない!
担ぐんじゃなく、まるでぶら下がってるみたいになっちゃって、前後の方に多大なご迷惑をおかけしてしまうので、主に掛け声と、なぜか先導の狐舞いの皆さんと踊ってました。

まちを練り歩く御輿



お狐さま



御輿渡御は約3時間、だんだん日が落ちてゆくソープ街を歩くのは初めてで、なんだか、ドキドキ……しないよ。いろんなお店の看板を見ながら、ほーほーと感心したり、最安値探ししたり、面白かったですよ。

最後に神社の前で何度も何度もお練り。
すっかりとっぷり日も暮れました。

 


わたしは、流れ者なので、氏子というものになったことがありません。
そして、今住まっているところも団地なので、一生氏子になることはないと思います。
例によって根っこ問題なわけですが…。

でも、ご縁あって、このようなお祭りに参加させていただけるのは、ほんとうに嬉しいこと。
賑わいの一端となれるならば、肩が痛いくらいどうってことないよ!


はい、わずかな担ぎでしたのに、肩が打ち身です。おちびの宿命ですね。

そうそう、先にお詣りして、ご朱印もいただきました。
素敵!



また来年も!と声を掛け合いながら、直会もいただいて、緋女会の楽しい一日は終わったのでした。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR