楽しい着物

昨日から天気予報は雪雪言ってるので、なんちゃって着付けのお稽古に行くのにビビりまくり。
朝も重苦しく、今にも降りそうな曇天。
洋服で、着物はリュックに詰めていかなきゃダメかなぁなどと思っていましたが、10時過ぎあたりからお日様が顔をのぞかせました。

よっしゃ、それならってんで、やっとデビューさせられるよ、リメイク袴~♪



寒いのは寒いので、とっくり(死語)セーターを着込みました。
着物は、春にみつけた浜松木綿。
袴は、もとはお対だったウール着物からのリメイク。
よく見えないけど、帯はミンサー。

お稽古先の生徒さんは、友人の友人で、同い年。
お母様が持たせてくださった着物を着ようということで、チャレンジを始めたかたです。

今日がまだ2度目なのに、こんなフリーダムな着物姿を見せていいのか?
いいよね、なんちゃって、だもん。

しかし、稽古は袴ではないので、ちゃんと襦袢と名古屋帯、必要なものは持っていきました。(ただし軽い夏物でお茶を濁す…。)

私とのお稽古の間に、お正月に着物着られるように、と友人がちょっと教えてくれていたおかげで、襦袢、着物、名古屋帯まで一連で着ていただくことができました。
早い!

着たい気持ちがいちばんの原動力ですね。
来月は袋帯で二重太鼓やろうね。


お稽古のあとは、元住吉の『着物仕立ひらやま』さんへ。
暮れの2周年パーティ福引きでウールの着尺をいただいたので、どうお仕立てするかのご相談に。



落ち着いた色合いなので羽織がいいかなーと。
そこで、羽裏をどーするってお話になって、たぶんこれ胴裏だろうという白生地がある、そして3月に奄美に泥染めしに行く、とお話ししたところ、その白記事を絞り染めにしたら?とのアドバイス。 おおおおお!
それは全く思い付かなかった!
やっぱりプロの発想はすごいや、経験値が物を言うなぁと思いました。

奄美に行くお話も決まったばかりだし、何を染めるか悩んでいたのに、一気に話が進みました。

ああ、楽しくて奥深い着物みち。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR