秋の実り旅~伊那谷その6

さて、伊那谷を離れて次なる目的地は岡谷。

こちらでは、蚕糸博物館=宮坂製糸所を訪問します。

シルクファクト岡谷

世界の民族衣装展やってた記憶があるのですが、それよりも、繭が糸になるまでの展示を見たくて、そわそわ。

何枚か撮りましたのでご覧ください。

天蚕。家蚕と違い、糸の均一性が少し落ちるので、手作業になりがちだそうです。繭がみるみる糸に変わっていきます。色もこの淡いみどりでつやつやしてきれいでした。






こちらは家蚕で、さきほどのよりちょいと機械化が進んだタイプだそうです。
何がどう違うか、もはや忘れております。





閲覧注意。お蚕さん。
もう、寒くなってきてるので、動きが鈍いです。



先に訪ねた久保田さんでも、こちらの糸を使っているとのこと。

世界遺産登録で富岡が有名になりましたが、もう国内で絹糸を工業的にたくさん生産しているところは、数えるほどしかなく、ここもそのひとつ。

人が糸をとってるところとか、それが順次自動化されていく機械の変遷とか、ずっと見てても飽きません。
それは、自分が着物好きだから、ということではなく、父方の祖母の在所が同じ長野県で養蚕もやっていた、その記憶からくるもののような気がしました。

納屋に座繰りの道具なんかあったもんなぁ。今思えば。

たぶん祖母自身はそういうことしてなかったけど、親戚のばあちゃんはやってたなぁ。

などなど、古い記憶は、繭を加熱するときの独特のにおいの中でよみがえってきました。

今じゃ純国産の絹なんてほとんどお目にかかれなくて、織以降が国内の『日本の絹』がやっとこさっとこ。
そこ、こだわるべきなのかどうか、いま、激しく悩んでいます。


着物好きが身近にいるから、錯覚しそうになりますが、着物を着るということが日常のものでなくなってるのですから、産業として成り立つような量産を望むことは難しいのじゃないかと。
だけど、廃れてしまえば技術は二度と戻ってこなくなる。
いつもこのループにはまって、悩んでしまいます。

とりあえずは、形になってる着物お持ちでしたら、ぜひ着てください!と言い続けることしかないかなぁ。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR