石下結城!ごくり!

今日は雨にもかかわらず、結城に行ってきました。
それは、これやってたから。

http://www.yukitumugi.co.jp/event/isigeotokuiti2015/

9月の鬼怒川溢水により、結城紬の産地の一角である石下地区(常総市)も大変な被害を受けました。
私がいつも染め体験教室でお世話になっている奥順さんでも、生産を担ってくださってる職人さんたちに被害が出てしまったそうです。
そこで、復興支援のために、お蔵入りになってるわけあり石下結城を大放出することに!

以前から家族にショールをねだられてましたので、これはチャーンスとばかり、行ける日を無理矢理捻出しました。
案の定、無理矢理がたたって雨。
でも、こんなことではめげない!もちろん結城紬着て行く!

いつものように休日お出かけパスで。
わずかではありますが、往復運賃よりお安い、乗り放題切符です。



結城に着いても雨。
とことこと歩いて約10分。
奥順さんのギャラリー壱の蔵が会場です。
お店に入ると、もうそこはなんというか、パラダイスはたまた魔窟はたまた桃源郷…。
よだれが垂れてしまいそうな状態です。

まずは反物には目もくれず、お目当てのショールを吟味。
使うのはあたしじゃないけど、気に入らないって言われたらあたしのものにするので、完全に家族の好みには沿ってないことは内緒です。(笑)
(こんなのヤダって言ってくれないかなぁ…妄想炸裂)

それから落ち着いて、買わないもーんと反物吟味。
いくら本場結城じゃないったって、無地や縞や暈しが32,400円。
仕立て代よりお安いんですよ…。
ネット通販でも、こんなお値段は見たことないです。
そして、絣や亀甲のものもたくさん。
100亀甲のものがこのお値段って。
たぶん7掛け以下じゃないかなぁ。
もちろん本場結城だったら倍以上するはずです。

難物といっても、お仕立てで隠れたり、いやいやそういう色でしょと最初から納得できたり、消費者からは難じゃないよーと言いたくなるようなわずかな傷です。

たくさん見て触って、とっても満足しました。

重文の本場結城でなくても、結城の紬を楽しみたいな、と思われたらぜひ15日までにお出かけください。
きっと素敵な出会いがあると思います。
折しも次の週末はきものday結城、街をあげての紬祭りです。
紬を着て歩く姿も見ることができるでしょう。


いや、まじでおすすめですって。見るだけでも!
だってねー、触り放題だよ?
ぐるぐる巻きもされないよ?
妄想するのは自由だからね?

ああ、もう一度行きたい…。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR