ワタシ分析

8月から月末恒例にしている瞑想会。

第2、第5、第3とフォーカスしてきて。

第2 丹田 オレンジ
   精神的に自立し人間関係を築く
第5 のど ターコイズブルー
   自分を表現し相手に伝える
第3 みぞおち 黄色
   自分を信頼し人生を切り拓く

チャクラの説明は、とあるサイトから拾ってきました。瞑想会ではダイレクトな説明はないので。
これより前に、私は参加できなかったのだけど、第7の会もありました。

ナビゲータのてぃあらさんは、ちょっとこの世の人ではないような不思議な存在で、初回で魅せられてしまいました。

毎回終わったらスイーツいただきつつ、OSHO 禅タロットをひくのですが、これがまた、わけわからんほどピンポイントでそのときの自分を示します。

オレンジのときのカード。
稲妻。


ターコイズブルーのときのカード。
これはOSHO じゃないね。



そして、昨日、黄色。
愚者のカード。


カードを引いたその日の前後に、そのことは起きています。
または、自分の感じたものがそのまんまカードのメッセージとして出てきます。
それを知って、あらためて思ったことは。

へえ、意外と自分から逃げてないな、ということだった。
むしろ、逃げられずにうっかり立ち向かってる、というべきなのかもしれないけど。
そして、そのことが、きちんと消化できるだけの強さは残っていたな、と。

昨晩、てぃあらさんから、なんか感じが変わったね、と言われました。
その意味は、自分がいちばんよく知ってます。


昨日の愚者は強烈でした。

数日前に、何度も欺かれる自分を嘆きました。
愚者そのものです。
それでも、その人を切り離せない、愚者な自分を受け入れてこのままでいるのか、それとも相手を愚者にしてしまうのか(私が欺く側にまわるのか)、はたまた別の道があるのか。
愚者、今考えどころだぞ、と突きつけられました。
つまり、自立して歩けるのか否かを決断しろ、と言われてるのだと感じてます。
もちろん、欺きも欺かれもしない道を、私は選ぼうと思います。

それでも、人は弱い。
ときどきふっと糸を緩めて甘えてみたくもなるわけです。
ほんのちょっと糸を預けて休憩して、そしてまた、ぴんと張って歩き始める。
それを繰り返しながら前に行こうとしてるんだな、あたし。


さて、次はどうなるのかな。
ピンクの、愛のチャクラだそうです。
てことは、第1?
生きてていいかどうか問われるんだな、たぶん。

たのしみ。











関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

OSHO禅タロット

あのタロットは私も愛用しています。こう、トータルにガツンときます。一緒に画像があるドリーン・バーチューのシリーズの方が一般受けしているようですが、私はリーディングしづらいです。

Re: OSHO禅タロット

おお、あなまさんもご愛用でしたか。

この瞑想会シリーズ終わったら、自分で一式持っててもいいな、と思ってます。
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR