天橋立へ~その前に乗り鉄子 その3

さぁここからはもう寄り道なしで。

敦賀13時13分~東舞鶴15時14分
 小浜線完乗
東舞鶴15時17分~西舞鶴15時24分
西舞鶴16時00分~天橋立16時50分
最後は観光船。

小浜線は、やっぱり昔何度も来た地域なのですが、実は乗ったことがない。
(タクシー移動だった。)

いろいろ思うことはあるのですが、なんというか、言葉にしづらいものがあります。
というか、明確に言語化できないのです、人に伝えられるような形に。
これはまあ、あたしが一生負うていくものなのでしょう。

小浜線の列車


 
この橋の向こう。



西舞鶴からは、京都丹後鉄道、通称丹鉄なのですが、乗り継ぎがいまいちよくない。
しかし、どこか行く余裕もなく、仕方ない駅構内を探索していたら。



芸屋台というものだそうです。
山車の上に人形舞台のような。
郷土芸能系ですね。
いやー、このへん観光ガイド売ってなくて、丸腰で来てしまったのですが、奥が深いです。海の京都というキャッチーなフレーズが実に合っていると思います。。


さて、丹鉄。普通列車ですが、外観も内装も凝ってます。





↑この席に座ってみたかったんだけど、乗り降りのたびに目の前を人が通るのは…と躊躇した。また今度だなー。

天橋立駅からはちょっと離れた桟橋まで歩いて、観光船で対岸へ。



なぜこんな砂州が海のなかに突き出したかなぁ。
自然の造形は不思議です。

船は貸し切りでした。12分かけて、渡ります。


今宵の寝床は、他のメンバーさんと合流して温泉旅館です。わーい!

てなわけで、鉄子モードはおしまい。

ああ、長かった。
堪能した!


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR