八丈島に方位採り その3

一泊二日なんてあっという間です。

私は、黄八丈の織体験を申し込んであり、みゆきさんはお部屋でのんびりしたいということだったので、別行動です。

車でまちのおみやげもの屋さん隣接の体験織場へ向かいました。
お一人、ついてくださって、丁寧にやり方を教わります。4本足は初めて。というより、中野みどり先生のところで織ったのが初なので、人生二度目の機織です。

で、できたのがこれ。黄八丈っぽいのができて、とっても満足。 



おおむね1時間弱で15×15くらいのが織り上がります。

みゆきさんをホテルにお迎えに行き、予約のお昼までには時間があったので、もう一度八丈富士に行きました。
あの景色は見せてあげたかったんだもん。
写真省略。前日のほうがきれいでした。

いよいよ、島で最後のご飯は、島寿司です。
ホテルのフロントで紹介してもらったお店、宝亭。



念願の島寿司!



あー、これを食べられてよかった。漬けになってるのが実にわたし好みで、もう超しあわせ。
スーパーでも島寿司売ってるの目撃してるので、安宿に長期滞在とか、してみてもいいなー。

実は朝の体験の時、織子さんに聞いたお話。
着尺は難しいけど、帯なら糸を合わせて太くするから、早い人で3日あれば織れるっていうの。
まじかー。もう頭ん中で自分で織った黄八丈の名古屋帯締めてる自分の姿が、ぐるぐる回りましたよ。
スーパー不器用なあたしでも、きっと1週間いたら織れるに違いない。
自炊民宿とかで、釣りか素潜りのできる同行者募っていけば(あ、密漁にならないようにしなきゃ)、昼は織作業、夜は新鮮な魚と島焼酎で、なんて充実(笑)!

てな妄想を抱きながら、第一回八丈島の旅はおしまい。
ん?第一回?
うん、きっとまた行くと思う。だって寒くて南国気分味わってないんだもん。



小さい飛行機は、青ヶ島や御蔵島へ飛ぶやつです。
あれにも乗ってみたいなー。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR