八丈島に方位採り その2

お昼ご飯は、いそざきえん。
郷土料理のお店です。
古民家を改造した、落ち着いた雰囲気の建物です。



予約してあったので、すぐにお料理運ばれてきました。
おすすめの黒潮料理です。

麦雑炊。



地場野菜の煮物。



その他、旬のおさしみ、明日葉のおひたしや、明日葉入りこんにゃく、庭のセロリの炒めものなどなど、島の恵みをぎゅぎゅっと圧縮したような一そろいでした。
量も、食べてみたらかなり満腹。

こちらはなかなかおすすめです。

さて、午後の移動開始。

めゆ工房。
黄八丈の機織場です。



島の草木を使って染めた絹糸で織り上げられる布は、それぞれが違う表情で、飽きることがありません。

ちょうどお昼休みを終えたのか、織子さんたちもたくさんいらして、ととんととんからり、という音が幾重にも重なり、包まれる至福を味わいました。

さあ、食べたい見たいを満たして、次どうする?
もうすることないよー、恐怖のノープラン。

で。地図を見る。

今いるとこと、今夜のお宿は
ちょうど対角線上。なら、島をぐるり走ればいろいろ見られるねってことで。

そうそう、と思い出したのが、地面観察課題。
(高校の同級生が地質学の先生やってる。)

で、行ったのは南原千畳敷。
溶岩の広がった海岸です。
うわー真っ黒だ。

そんな岩だらけのとこにも、可愛い草生えてる。
多肉系のぼってりしたやつ。



黒い岩浜の向こうには八丈小島。



風が強くて、もちろん波も高くて、すげー迫力。
風音と打ち寄せる波の音で、なんにも聞こえない。




ので、出発。
北側の大越鼻灯台に寄り、アロエ園や明日葉畑を見ました。



ここで、前夜遅くまで残業していたみゆきさん撃沈。
好き勝手ドライブ~、てんで、寝てるみゆきさんを起こさんように、アクセルワークだけ気をつけながら、八丈富士に登ってみました。

山腹にあるふれあい牧場から八丈島空港を見下ろします。
うわー。ここに着陸したんか!




牛さんたちも陽の光をうけて艶々。のんびりと草を食む姿がかわいい。



眠るみゆきさんを載せたまま、山を下りて、今夜のお泊まり、リードアズーロへ。
ずいぶんこじゃれたとこだわ。
釧路のゲストハウスとは大違い。いや。休坂も超快適だったんだけどね。

パートナーとゆったり過ごすんなら、なかなかいいとこですよ。オーシャンビューだし。

ディナーメニューはこちら。



どれも美味しかったです。
代表でブイヤベース、載せておきますね。




食後はみゆきさんと四方山話して、大浴場で手足伸ばして、よく眠りました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR