わたしの中にある陽を
ほんのわずかでも愛でてくれた人を
恨むことなどできるはずもなく

小さく小さく丸めて
それ自体が優しく光を放つまで

わたしの新たな陽の素になる



もしも恨みの気持ちがあるとしたら
さよならも言えずに
わたしの前からいなくなった人

でも陽をあててみる

恨みが溶けるように

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR