18きっぷで伊勢へ その3

3日目、12月22日の朝です。
直前まで、というか、白子のホテルを出るまで迷っていたのですが、
このあと合流するあおいちゃんに背中を押され、無謀なチャレンジをしてみました。

9時30分に二見浦駅に着いて、徒歩15分くらいの二見興玉神社に詣でて、取って返して10時08分二見浦駅発の快速みえに乗って伊勢市駅に戻る、という(笑)、読んでるだけで疲れるタイムテーブル。

でも、乗り換える伊勢市駅で10分以上あるから荷物をコインロッカーに入れて走れるし、朝ごはんもしっかり食べたから大丈夫。

そして。
二見興玉神社に向かう道で!




深い深い碧の海!
これが見られたのだから、走ってもなにしてもがんばれる!

無事に二見興玉神社にもお詣りできて、浄めのお塩を求めることもできました。




心情的に夫婦岩は、イタイものがあるんだけど、ここへ来たらやっぱりこれ見て遙拝しなきゃね。
この方角は、富士山が見える向きらしいです。さすがに見えんかった。

その後、一瞬道に迷いながらも無事に10時05分頃駅に戻り、伊勢市駅であおいちゃんと合流→外宮参拝→はるちゃんと合流→はるちゃん号で瀧原宮へ。

瀧原宮で、今回の旅のメンバー全員と合流し、参拝です。
しばらくぶりの瀧原さん。
境内にはいると、ぴんと張り詰めた空気なのですが、柔らかく迎えてもらえてるのを感じます。




こちらは自然のままの流れの手水場。
この流れはやがて宮川になり、伊勢湾に注ぎます。

遷宮終わった瀧原のお社。




美しく神々しいお社に頭を垂れると、深いところまで見透かされて、でも洗われる気持ちになります。



他に誰も鋳ない参道は、泣きたくなるほど、光の森。

すぐそばの道の駅でバス移動のメンバーと別れ、遅い昼御飯をとりました。
言わずと知れた伊勢うどん(笑)



と、ストーブの前で温もったので、大内山牛乳のソフトクリームをつい。



このあと、ナビに翻弄されながら丹生大師と呼ばれる神宮寺に立ち寄りました。
ああ、写真がない!
なんということだ。
女人高野とも呼ばれる由緒正しいお寺さんで、隣接には神社もあり、日本古来の信仰のかたちがそのままでした。

ちょうど本堂にご本尊さまをお移ししているところに遭遇し、お堂に上げていただいて住職さんとご一緒にお大師さんを拝むことができました。

もっと時間をかけて訪ねたいところです。丹生の里。


さて。
今宵のお泊まりは、内宮そばの神宮会館。
イメージは合宿所だったのですが、どっこい料理はとても豪華でしかも美味しい!







このあと、ちゃんとお勉強タイムもあり、充実の一日を過ごしたのでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR