ピアノのこと

今日は年に一度の発表会でした。

お稽古を復活してから10年くらいたつのかなあ、もうよく覚えてないけれど。
子どもたちを面倒のない?カワイ音楽教室に放り込み、いろんな先生に教わっていくうち、私もこの先生に教わりたいなぁと感じる先生に出会って、自分もお稽古に行くようになったのでした。
今は違う先生にみていただいてます。
こちらの先生にも、もう何年だろう、6年か7年か?

そして、最初は避けていた大人の発表会も、ここ数年は毎年参戦しています。
理由は、河合楽器の最上級グレードのピアノが触れるから。
それと、大人のコースだと、みなさんの選曲が有名なところに集中するきらいがあるので、こんなのもありまっせーっていう見本帳になりたいの。
実際、会の後で楽譜見せてって尋ねられることもあるし。

ピアソラとか、ラフマニノフとか、エルガーとか、ここんとこ綺麗系続けていたので、今年はついにバッハにチャレンジ。
いやね、もともとバッハとかモーツァルトとか、かっちりしたの大好きでした。
ただ、モーツァルトはともかく、バッハは発表会向きじゃないかな、と思っていて。
でも、今年はどうも選曲に悩んで、ちょうど練習していたこれで行っちゃおう、と。
平均律第1集のイ長調フーガ三声。
昔習っていた頃も弾いたことがない、正真正銘のお稽古曲でした。ので、なかなか身にはいっていかないことと、もうひとつ、バッハは和音ジャーンで誤魔化しが利かないことを忘れてました。

結果、先週あたり、めっちゃ泣きが入ってて、愚痴ってたのをFacebookの皆さんはご存じです。(笑)

ですが、まあ、泣いてもしかたないじゃん、てのと、やっぱりピアノが好き、バッハが好き、って気づくことができて、今日を迎えることができました。

たぶん息子と一緒に出られるのも今年が最後だろうしね。

フルコンサートグランドの音はやっぱり素晴らしいです。もういまでは昔と違って象牙や黒檀の鍵盤ではないけれど、うちにある廉価番のものとは感触がぜんぜん違いました。

出来?そんなもん聞かないでよ、野暮天ですよ。(笑)
今年から撮影も録音も禁止になっちゃったので、舞台写真はありません。
あ・し・か・ら・ず。

さて、次のお稽古には何を練習曲に持っていきましょうかね。
選曲も、お稽古の楽しみのひとつです。
たぶん来年の発表会にはまた別のを選ぶと思いますが、リクエスト、ヒント大歓迎です。というか、ちょっとネタ尽きてて悩んでます。ぜひぜひ、ご意見お寄せくださいませ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR