秩父札所巡り 十九番~三十番 その1

最寄りの永山駅を5時12分の電車で出発します。
上りは直前に出たばかりで、対面のホームは無人になりました。
乗る人、結構いっぱいいたよ。



京王相模原線から横浜線→八高線→西武秩父線→秩父鉄道と乗り継いで、今日のスタート駅に着きました。
大野原駅(秩父鉄道)です。7時38分着だったかな。



最初の札所。
十九番 龍石寺



大きい一枚の岩盤の上にお堂が建っているのだそうです。
8時前に到着したので、お堂も納経所もあいておらず、しばらく景色を眺めておりました。

境内から西の山並み。
これから一日、あの麓をたどっていくことになります。



次へ向かうのに、荒川にかかる橋を渡ります。秩父橋といいます。
旧い橋は人道橋になっていました。



歩いて15分ほどでした。
二十番 岩之上堂



道路から下がっていくので、お堂の屋根がきれいです。
はるか先にひろがる市街地もきれいに見えました。

お詣りをすませて、次へ歩いて向かうのは南方向なので、ずっと武甲山が見えています。
まだまだずいぶん向こうだなあ。



のんびりした道から県道に出たところに、次の札所はありました。

二十一番 観音寺
その名も観音寺ってのがすごいです。(代表みたいな顔してるって。)



開放感のある、明るいお寺でした。
さらに南へ歩きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR