梅雨明け間近のリセットサンデー

ハイテンションウィーク、というか、北海道旅行から始まり、プチクラス会で終わる10日間でした。

暮らしに影響が出ないように、リセットを考えてて、当初は札所に行くつもりだったけれど、あまりにも雨が降るのでやめました。
蓋を開けてみれば今日は晴れてたけど。

んで、しばらく前から書いてる公募小説の舞台ロケハンをしてきました。
昔はほんとによく歩いたエリアですが、やはり記憶はアイマイミーで、いざ文章にするとビミョーな違和感があり、所要時間とかアップダウンの感覚を確認する必要があるな、と感じていました。


行く前に、最寄り駅のシューリペアのお店に立ち寄りました。
靴ではなく、大事にしている日傘の骨が外れて、修理してもらえないかと。
以前はやってたけど、今はやめた、と言われて持ち帰ろうとしたのですが、
「ちょっと見せてみ」
とおっちゃん。
自宅でラジペンで直すわーと言ったら、金具残ってるからやったげるよ、というお返事。
ありがたい!
プライスリストに載ってない作業なのに、直してもらえました。
このおっちゃん、非常に優しくて、靴の修理に行ってもとてもていねいだし、痛まないように履くコツをおしえてくれたり、素敵なんです。

散歩の初っぱなに、うれしい気持ちをもらいました。

調布駅から深大寺まで歩きます。だいたい15分くらい。
母校のそばに布多天神社があります。
今、ちょうど夏越の祓いで茅の輪がありました。



ちゃんとくぐり、お守りもわけていただきました。

途中の道がきれいになってたし、知らない建物もあるし、でも、中央高速下の野川は、昔とおんなじ。


深大寺に着き、お詣りする前に腹ごしらえ。
麦とろ御膳を選びました。



そして、各お堂におまいり。今回、いちばんアイマイミーだったのはこちら、深沙大王堂でした。
自分も、小説の主人公同様、ほとんどここにお詣りしたことがなかったのです。縁結びのお堂やでね。(笑)



その後、昔よく歩いていた北の台あたりを徘徊して、目的のお散歩は終わりました。
歩数にして約12,000歩ですね。ま、そんなもんかの。


この界隈が結びついていた恋は、すでに自分の中で綺麗に整理整頓ができていて、動揺を招くようなことはありませんでした。
それだけに、先日のトドワラでさよならが、どれほど自分にとって大きいことだったのかをより実感することにもなりました。

意味のあること。
それを無駄にしないために。
今をきちんと生きることの難しさと大切さを、しみじみと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR