2014年夏至

暦の句読点な日がとても大切に感じるようになった、ここ数年。

長い長い昼をどうやって楽しもう?
と呟いた昨日の私は。


午前中、美容院で夏向きヘアスタイルを作ってもらいました。
毎日髪を洗いたくなるので、ワンコみたいにぷるぷるっと頭振れば水気が飛ぶように、少しパーマをかけて。
半年ぶりのパーマです。

お昼からは、友人と一緒に、竹蔵龍浴衣祭りに。
今年の浴衣は、竹姐に見立ててもらったルミロックです。
以前から気になってしかたなかったブランド、ついに私のとこに来てくれました(笑)
プレタは裄がびろーんと長いので、目下お直しの旅に出ています。
届いたら写真のせますね。
自分では絶対に選ばないであろうものを、確かな目利きさんにセレクトしてもらえるって素敵。

この柄です。



これ書くために、ルミロックさんのサイトに行って初めて読んだ、コピー。

『あなたの心の扉を開ける鍵はどれでしょう』
ああ、本質的なところを衝かれてしまってたのね。
だからこの子に惹かれたのだと、今朝になってわかりました。
もうひとつ別のを選んでもらって、それもとても大人のかわいさがあって素敵だったのですが、断然これだったんだもん。

Facebookのエントリーにコメントした、昨晩の私の気持ちは。

選んで幸せ
届いて幸せ
纏って幸せ
褒められて幸せ
昇天

でした。いま、選んで幸せのとこにいるのだけど、すでに最終段階までシミュレーション完了しちゃいました(笑)


そして、うちの子になったかわいい小物たち。


つまみ細工は、小田彦三郎さんの作品です。



つまみ細工はとても繊細ですが、オダヒコさんのは色合わせにとても力強さが感じられます。
それでいて、わーわー主張しすぎない、なんて言えばいいんだろ、ずっとそこにいましたか?いたのよね、ていうなじみのよさ。

今回選んだのも、色は派手じゃないのですが、ひとつひとつのつまみがなにか話しかけてくれる、そんな帯飾りです。



もうひとつは、れがろどるちぇさんのガラス。



これだけ並んでてぱっと見たときの第一印象。

ぷりぷりしてて美味しそうー。

そうなんです、なんというかつやつやぷりぷり感が、飴ちゃんを通り越して別の次元の食べ物的なんですね。
そんななかから、夜の地球みたいな根付けが呼んでました。

手の中で、宇宙とつながれる回線が開いたような感覚。


どうやら昨日選んだものは、どれもこれも、今いるところから旅に出ることを示唆しているような気がします。

そのための勇気を持ちなさいって言われているのかも。


さて、あたしは夏至に手に入れたツールとともに、どこへ歩いていくのだろう?


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR