出雲への旅~まだまだうろうろ

カラコロ広場の波止場で降りると、お宿までは歩いて10分もかからない近さです。

松江大橋を渡って帰りますが、実はこの日は、「松江だんだん夏踊り」というイベントで、
この橋を中心にして、踊り隊が繰り出していたのでした。

公式サイトはこちら→http://http://matsuenatsuodori.com/





それぞれの連(?それじゃ阿波踊りになっちゃうか)がそろいの浴衣をこしらえ、
きっとたくさん練習したんだろうな、っていう素敵な踊りを披露してくれてます。
橋の上からたもとまでで3チームくらい見せていただきました。
これだけゆかたの人がそろうと、壮観です。

そうそう、初日に撮って載せるべきであった、
3日間の寝床を提供してくださったお宿です。
いいでしょ。大げさでなくて。





大巾屋という名の由来は、むかし鰻屋さんだったときに、
りっぱな幅の大きい蒲焼を出していたので、「大巾屋と名乗ったら」とお客様に
言われたことからだそうです。その名残で、建物のなかには、
両側から登れる不思議な造りの階段がありました。
大巾屋さんのホームページの中にお写真がありますよ。

さて、松江宍道湖といえば、夕日の名所。
この日の空模様からはちょっと期待薄かと思いましたが、
やっぱり行ってみようと思って、お宿でベストスポットを教えていただき、
とことこ歩いて行きました。
若干時間が間に合わず、そのベストスポットまでたどりつけませんでしたが、
こんな感じで夕日が山の端(にかかる雲)に沈んでいくのを
見ることができました。
場所は、白潟公園の南のはじっこのほうです。





ここからもどる途中、公園の中にこんなものがあります。





かつては燈台の役目をしていたという、料亭青柳楼の灯篭です。
きれい~。
そして、あっという間にあたりが暗くなってきました。

この下で、今宵の晩御飯処にお電話をして予約しました。
さあ、れっつご~。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR