山陰へ行ってきたよ おまいりのあとはむふふ 第2日

無事に大社(ほんとは「おおやしろ」って読むのね、今回初めて知りました。)への
お詣りを終えると、まさにお昼時。
あ~、おなかすいたよ。

ということで、駅でゲトったクーポン券の使えるお店で昼食をとることにしました。

大社大駐車場前の「そば処おくに」です。
こちらには、出雲名物の割子そばと、これまた出雲名物だと知ったおぜんざいをセットにした、
その名も「縁結びセット」というのがあります。

おくにのそば縁結びセット

割子そばには、それぞれ異なる薬味が載っていて、味の違いを楽しめます。
上がとろろ。下の左がうずら玉子。下右は天かす。
んで、右のお椀の中がおぜんざいです。
実は、割子5段というのもありまして、そっちにしようか迷ったのですが、
こちらにしておいてよかった!
そば5段はたぶん食べきれんやったです・・・。

これにさらにクーポンでいただけるそばアイスを食べたもんで、
もはや満腹を通り越して苦しい状態。
このままでは何もできぬ。

というわけで、地図を見て向かった先は、稲佐の浜。
ここはオオクニヌシノミコトが国引き国譲りをした浜です。
それと、神在月に全国の神様たちがここから大社へと上陸する浜でもあります。

そう、実は旧暦の10月は神無月ですが、この地だけ神在月と呼ばれます。
私たちが行った11月9日はまだ旧暦だと9月なのですが、
なんかね~、神様も気が早いのはもはや来てるというか、
実は神様もすでに旧暦じゃなくてあたらしい暦使ってるんじゃないの?と思うくらい、
神様の気配は感じました。

弁天島べんてんさん

浜にはあまりたくさん人がおらず、お社から歩いて15分くらいなのに、
せっかくお詣り来たのなら、この浜に来てほしいなぁと思います。
海も凪いでいて、とても気持ちのよい浜なのです。
砂がとても細かくさらさらとしていて、踏みしめることができないくらい、
すううっと足が吸い込まれるようなかんじがします。

西向きの浜なので、きっと夕日がきれいなんだろうなぁ。
もし次にお詣りくることができたら、この浜で夕日をながめられたら、と思います。

浜からお社へ戻る道は、同じ道筋ではつまんないので別の道を選びました。
その道へ入るところには、常夜灯が立っていました。
きっと夜、浜についた神様が道に迷わないように、と建てられたのでしょう。
なんだか心がほかほかしました。

その後、大社の隣接地でやっていた神話博会場に向かうと、
ちょうど石見神楽が始まるところでした。
ヤマタノオロチのお話しは、だれもが知っているのでとてもたくさんの人が楽しんでいました。
おろちを演じる人は、それはそれは重労働だろうと思われます。
実際、上演後は汗だくでの登場でした。
思いもかけずお神楽を見ることができたのも、神様の采配でしょうか。

おみやげ買ったり、お茶を飲んでゆったりしたのち、再び一畑電車の駅へ。
こんなかわいい駅舎です。
出雲大社前駅舎駅舎

ちょっと見、お菓子のパッケージのようです。
夕方になって、駅舎内の明かりが灯り、ステンドグラスの窓がとてもきれいでした。
駅舎の脇には、古い車両が展示されていました。
これは、ほんとに生活路線であることがよくわかる、お客さんと荷物を同時に運搬できるつくりの
車両でした。新聞とか、野菜とか積んでたんだろうな、荷室。

古い車両旧型車両

出雲市駅に戻り、そこからJR山陰本線で、師匠の実家がある倉吉へ。
けちけち二人組は、特急に乗らずに鈍行列車で、
出雲のカマボコをつまみにアルコール消毒しながら、揺れを楽しみます・・・。











関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR