山陰へ行ってきたよ 第1日目、というか一晩目

今の職場で働くようになってちょうど2年たちます。
しがない請負社員には有休とか連続休暇とか言いだせなくて、今まで単発でしか
お休みをとったことがありませんでした。
しかし。
私だって連続休暇ほしい・・・。みなさん毎年連続5日とってるんだもん。

なので、ふうちん師匠とともに方位どりの西の旅に出ることにしました。

西。風水に興味あるかたはご存じですね。お金にまつわる方位です。
もうかるわけじゃなくて、必要なお金が順調に回ってくるという方位。


さて、今回は夜行列車に乗ります。
東京駅から出発する夜行列車は、もうこれだけしかないのですよ・・・。(泣)

電光掲示板

前半分がサンライズ瀬戸で、高松行。
後ろ半分がサンライズ出雲です。
寝台特急なんて何年×何十年ぶり・・・。

寝台とはいうものの、節約旅行だったりするので、一般的な寝台じゃなくて、
「ノビノビ座席」なるものを利用しました。
ノビノビ座席




公式はこちら。


これで一人分のスペースです。こんなのが横にだらだらつながって、さらに上下2段あります。
全部で28席。
なので、発売とほぼ同時になくなるというのは想像に難くない。
事実、先月行こうとして調べたら、発売日翌日だったのにもう残がなかったです。
両脇とのしきりは窓側のみですが、これがあるおかげで読書灯の漏れもなく、
遅くまで起きていたとしても隣のひとにそれほど迷惑をかけたりしません。
また、手前においてあるのは、山陰デスティネーションのちらしと毛布です。
おおお、毛布があるとは!!!
万が一に備えてバスタオルなみの大きいマイクロファイバー布を出しやすいところに入れましたが、
不要でございました。

さらにありがたいことに、このノビノビ座席、寝台料金不要です。
つまり、特急料金のほかに必要なのは、指定料金のみ。
東京から出雲までこのゆったりしたフラット空間を510円で使わせていただける、とな。
すでに娘さんじゃないあたしたちには、これで十分です。


難点ももちろんありまして、昔の感覚ですと、寝台列車には食堂車がついておったり、
車内販売があったりしました。
ですが、このサンライズ号にはそれらがありません。
つまり、朝飯を調達して乗らないと、とても悲しいめに遭うわけです・・・。

そんなわけで、ぎりぎりまで働いてから合流するふうちん師匠の分まで、
朝食と水分を買い込んで、乗車しました。

22時に東京駅を出発して、出雲市駅に到着するのは翌朝9時58分です。
ではおやすみなさい。



なわけないだろ、この位置ゲー大好き星人がおとなしく寝てると思います?(笑)
名古屋から岐阜すぎまでの在来線、駅コレ開始以来初めて通るですよ。
絶対に駅採りしなくちゃ。
と言い聞かせて眠りにつきましたので、ちゃんと名古屋手前で目がさめました。
おそらくあれは大高あたりではなかったかと。素晴らしすぎるタイミングです。
名古屋~大垣間を首尾よくゲットして再び眠りました。
さて、どこまで寝るでしょうか。

つづく。









関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

う~ん。
続きを、心待に してますぅ。。。 (^-^)/

って、どこかと同じコメントで。(^-^;

>タケちゃん

いらっしゃいませ~。(強制招待(笑))

> 続きを、心待に してますぅ。。。 (^-^)/

とりあえずの目標は、「毎日一本」


ヤクルトじゃないってば。

No title

お話聞いたときは,畳がドーンと敷いてあってみんなで雑魚寝…みたいな三等船室のイメージだったけれど,全然違うんだね~!('◇')ゞ

>そらちゃん

> お話聞いたときは,畳がドーンと敷いてあってみんなで雑魚寝…みたいな三等船室のイメージだったけれど,全然違うんだね~!('◇')ゞ

あたしが見たパンフの写真は、そんなだったんだよぉぉぉ。
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR