甲府に行ってきました

とても久しぶりですが、相変わらず方位はこそこそやってまして、
しばらくぶりで距離のある方位採りをしてきました。

今月わたしは西が吉方位。
風水をかじった方ならよくご存じ、西はお金にまつわる方位です。
そんで、わたしの年まわりは実は西があんまりとりやすくないので、
採れるときに行こうや、となるわけです。
(だもんで、3月の初めにも娘と京都行ったりしたのである。)

うちから日帰りで行けるとなると、こんなもんですね。

中央本線の各駅停車に乗り、高尾から2時間弱。高尾までうちから1時間くらいなので、
片道3時間くらいです。
高尾で天狗に会いました。
DSC_0076.jpg下りホームで待ち構えているよ


そして、採ったと言えるには2時間以上の滞在なので、
ちょうど行きたいところと昼ごはんを食べてクリアできるな、と。

もっと時間があれば行きたいところもあったのですが、
実は、夜、別のお座敷があって、夕方早めに帰宅したかったので、時間的制約があり、
今回はプチ旅となりました。

行きたかったのは、ここ。
印伝の山本

パソコンでページを開き、そして、わたしのアホさをよくご存じの方は、
ぷぷぷ、と吹いたはず。

そなんですよ~、ここは大好きな位置ゲーの「コロプラ」スポンサー店舗なんです。
位置ゲーでは、ゲームの中に仕込んであるお土産ものもありますが、
現地のお店でお買いものすることによって得られる特典もあり、
今回お尋ねした山本さんは、そういうお店のひとつです。

印伝とは、鹿の革に漆で型染めをした工芸品です。
着物を着ることもあり、印伝のことはわりと昔から知っていて、
いつか本物の印伝のバッグが欲しいなぁと思っていました。
今回買うのかって?いや、買えません。かなり高価なものですから。
なので、甲府らしい、水晶玉のはいったお守りを購入しました。
甲府の戦利品寅年なので虎色

甲府駅から山本さんまでは、徒歩で25分くらいかかりました。
お買いものして、お店でお母さん(だと思う)とお話しして、また戻ってくると、
ちょうどお昼時。
甲府といえばほうとうですから、これも絶対はずせないです。
山本さんのお母さんにおすすめのお店を尋ねたら、前の晩にクーポン出力したのと同じお店でした。
駅前の小作というお店です。
シンプルにかぼちゃほうとういただきました。
DSC_0080.jpg

でっかく切ったお野菜がごろんごろんはいってて、
めんも太く厚みがあるので、食べごたえがありました。

そんなわけで、約3時間甲府に滞在して、また各駅停車に乗って帰ってきました。
道すがら、コロプラじゃない位置ゲー(駅コレ)をしていたことは言うまでもない。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

甲府へ行くなら「台が原宿」まで

良い加減な日常を送るたまねぎ様

甲府まで行くのなら、もうホンの少し足を伸ばして「台が原宿」に行ってください。
甲府の先の韮崎まで行くと、駅前からバスが出ていますから、そこから少しです。
バスに乗る前にJR韮崎駅裏の商店街の「手打ちうどん ふじえ」の「おざら定食」900円(昼11:30~13:30のみ/0551-22-7006(木休))がお勧めです。

また、バスは、旧甲州街道を進むので、途中にも素敵な古い家並みを通ります。

そして台が原宿(バスの停留所名は忘れました)で降りると、国道から一本右(北側)に、延々と細い道が続いていて、素敵な町並みが続いています。
かなり北に小学校がありますが、そこから先にもいい雰囲気の家並みが続いています。

宿は「つるや旅館」(0551-35-2028/北杜市白州町白須294)が食事がおいしくてお勧めです。

台が原宿の中ほどの「七賢」という酒屋さんの建物が素敵で、見学もできます。
うまく魅力が伝えられなくて、ただ長くなってすみません。

>四日ぼーずさん

お久しぶりです。

台が原宿、ちょっとだけ調べてみました。
白州なんですね。

いいなぁ、ゆっくり時間が流れているまちなみなんだろうなぁ。

わたしは旧東海道の関宿がとても好きです。
写真をみる限りでは、台が原宿もきっと好きになるだろうと思います。
今回は日帰りだったのであたふたしていましたが、
次回、ゆっくり日をとっていきたいなぁ。

すてきな情報、ありがとうございました。

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR