木下黄太さん講演会@稲城

ずっとツイッターとブログで情報をいただいていた木下黄太さんが、隣の市で講演会をなさることを知り、
いまさらなのだが、お話しを聞きに行ってきた。

まったく知らない事柄はなく、ネットの中で情報収集しているのが必要十分であることを実感。

木下さんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927

賛否両論あるのは百も承知である。
しかし、安全なのか危険なのかわからないものに対して判断を下すとしたら、
危険かもしれないのだ、と考えて行動する。
あたしの生き方はそういう生き方だ。

本音を吐くと、正直なところ、関ケ原を超えて西に逃げたい。
ぎりぎりで名古屋だと思っている。
が、うちの子どもたちは、東京で生きていくという選択をした。
経済的に私立大学に2人通わせるには、ダブルインカムが必要だ。
ということで、我が家の辞書からは目下のところ「首都脱出」という四字熟語は消えている。

バックアップとして、子どもたちは生命保険に加入した。
わたしはがん保険を増強した。
(すみません、保険関係で仕事をしているのと、貯金がたぶん少ない(笑)ので、保険で補っています)
あとは、口から入れないようにどれだけ気を配るか、だ。
でも、呼気に関しては、使い捨てのマスクなどなんの役にもたたないし、
だからといってお高いN95とて効力100%なはずもなく。
できることはやはり食べ物だ。
買えるものが限られてくるのは否めない。
それでも、黙ってできることはこれだけだ。


何度か書いているが、昔、福島第一の仕事をしていたことがある。
その他のサイトにも何度か足を運んでいる。
何度も何度も入所教育を受け、聴けば聞くほど疑問と違和感が大きくなるのを止められなかった。
結果、その仕事を続けることがつらくなって退職したのも同然なのだが・・・。

今、後悔しているのは、そのときに何もしなかったことだ。
何もしないというのは、中立でもなんでもない。
容認しているのと一緒だ。
おそらくそのことが自分を責め続ける。これまでも。これからも。


講演を聞いて、はっきりと感じたことがある。
もはや家族の誰が発症しても不思議ではないほど、東京は汚染されている。
今、わたしがなすべきことは、理解しない家族に対して説得をする、などという無駄な時間を費やすことではなく、
できるだけ自分を守り、万が一のときに家族を看病できる要員でいることだ。
家族は、わたしが放射能の話をすることを嫌がる、というか、拒絶する。
そういうことだ。
わからない者はわからないまま、警戒せずに生きている。
それを変えることはわたしにはできない。
自分の家族は守りたいと思っていた。でも、何度も言えば言うだけ疎まれるだけなのだ。
だったら、家族であっても見切りはつけよう。


こういうのを絶望というのかね。

たとえようのない孤独を感じる。




たぶん、記事公開は期間限定にすると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

拝見しました。大学生2人とは・・がんばってますねぇ~。
うちの家族構成は、母と息子と自分です。
昨年原発事故で、3ヶ月四国に避難していました。非難を促したのは
息子です。
でも、結局息子は神奈川を出れなかったということです。
いざ出ようとすると、いろいろしがらみがあったんでしょうか。
で、わたしと母ももどってきたわけです。
人それぞれですね。息子は今年になってから、数える位しか外食してません。お昼も弁当持ち。仕事も東京より北は行かないという事で、社長と
話が出来ているようです。
私は、自分で仕事しながら、家事をやっております。
大体はそんな感じで日々過ごしています。
私も、家族が病気になったら誰が面倒見るの?と思って、最近は自分を
守る事もするようになりました。
お昼も外食をなるべく減らしています。
一番いいのが母ですね。外食一切せず、私が作った物しか食べてないし、どこも行かなくていいし、避難もしてたし。

心中お察し致します。
m(__)m

生き方の選択肢は
一人一人それぞれ自由です。

だから私はやっぱり
「自分自身が後悔しない」
そんな生き方を選びます。

上手く言えないですが
「何もしないで後悔するよりは
自分らしいアクションを起こす」
…それが私の生き方になりますね、
今となってしまっては。
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR