京都への旅 2日目その3

おなかもいっぱいですし、かわいいものみて目も満足しましたし、
門前にいるのに行かないわけがないのが、大徳寺さんです。

京都の市街図を見たらわかりますが、朝行った相国寺さんも、この大徳寺さんも、
ある丁目全体がお寺さんの中にあるみたいにでっかいお寺です。
たくさん塔頭がありますが、いつでもみられるのは4つしかないそうで、
前回も今回もまずは山門入ってすぐの龍源院を訪ねました。(常時拝観可能です)
メインの南庭もすばらしいのですが、わたしはここの東滴壺というちいさな庭がとても好きです。

大徳寺-2

午後のゆったりした時間をちいさく切り取ったような庭です。

それからまたやみくもに歩いて、次の塔頭は興臨院。
こちらは、特別公開になっていたところです。
やはり、方丈のお庭がすばらしい。

大徳寺-3


能登の畠山家の菩提寺になっているそうで、
実は今、日経新聞の朝刊連載「等伯」を読んでいるので、
とても身近に感じました。
特別公開だったため、説明員のかたがいらして、方丈だけでなく、お茶室の説明を聞くことができました。
こちらの茶室は、とても工夫が凝らされていて、天井や給仕口など、他と違うところをたくさん持っています。
わたしは茶道をたしなまないのでよくわからないのですが、
人をもてなすための心づかいがたくさん詰まったお茶室だと思いました。
機会があれば、また訪ねたいところです。


大徳寺さんを出てすこし北西に歩くと、そこには今宮神社があります。
こちらは別名を玉の輿神社というそうです。
前の晩に、お宿においてあるガイドブックを見てそれを知り、
娘に話したところ、「絶対行く~」だそうで。(笑)
なぜ玉の輿神社かというと、徳川綱吉の生母お玉が西陣の生まれだそうで、
このお宮さんを再興したのだそうです。で、お玉ゆかりだから玉の輿(笑)。
なかなか立派なお宮さんで、わたしはかなり気に入りました。

さてお次は。
ここまで来て行かなかったらどうする、の金閣寺ですが、
次の記事にします。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR