5/21 薬草と染料

きもの師・きもの誂え師の勉強会は久しぶりです。

今回のテーマは、きものと薬草について。

純庵先生が持参したのは、大量の漢方薬。(笑)
いや、まじめな話、キハダとかカミツレ(カモミール)とかターメリック(うこん)とか、
ちょいと興味のある人だったら、ああ、それ漢方だよね~とすぐに出てくるものばかり。
それらはすべて、染料として使われていたのでした。

実際に染めたものをまとめた本を見せていただきましたが、
どれも自然な優しい色をしていました。
媒染にはアルミや銅、鉄を用いるそうで、
そういえばこないだ結城で染めたときも、茜にはアルミ、藍には鉄を媒染に使ってました。
鉄を使うと重く暗い色合いが定着し、アルミだと軽快な色合いになるようです。

これらの染料にも薬草にもなる草たちは、
実はどこの里山でもお目にかかれたものなのだそうです。
里山が失われてしまった今、なかなか実物を拝むことは難しいでしょうが、
それでも多摩の裏山にはまだみつかりそうな気がします。
しばらく暑いからかんべんだけど、
いい陽気になったら薬草探しの散歩でもしてみたいです。


今回は急な設定だったため、こぢんまりとした講座になりましたが、
もう何度もお目にかかったり、コミュでお話しした方だったりしたので、
とても居心地のよい時間となりました。

きものを通して知己が増えていくのもまた楽しいものです。

次回の講座はいつかなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

草木染め♪

綿はわりと染まりにくいと言われていますが、絹を染めるとほんと発色がよくてきれいですよ(^_^)v

そういや、たまねぎの皮(茶色いカラカラに乾いたとこ)は優秀な染料で、絹にも綿にもよく染まるそうです!

皮はずいぶん貯まったんだけど、何を染めるかが決まってないので、そのまま持って引っ越ししている私f^_^;(←ヲイ(^人^;)
FC2カウンター
プロフィール

たまねぎ

Author:たまねぎ
たまねぎです。
ゆる~く生きてます。
好きなものがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR